« February 2005 | Main | April 2005 »

虎がタバコを吸っていた頃

前にも書いたネタのような気がするが。…

日本の昔話は、「昔々、あるところに…」と始まるが、韓国の昔話は「虎がタバコを吸っていた頃」と始まるらしい。

ところで、タバコというものは皆さんご存じの通り、西洋人の新大陸発見以降、16世紀から後の時代に世界に広まり、日本やアジアで定着したのはそれ以降、17~18世紀ごろでは無かろうかと思う。

というわけで韓国の昔話の「虎がタバコを吸っていた頃」というのは17世紀以降に作られたんじゃないかと推測する。

両班といえば長いキセルであるが、その風習も李氏朝鮮の中期以降ということになるわけだ。
(しかし、あの長いキセルだと、すぐにヤニがたまるんじゃないかな?)

naverの韓国人によると、秀吉の朝鮮征伐や丙子胡乱などの戦災も落ち着き生活に余裕が出た頃に出来たお話じゃないかという説があがったりしていた。

まぁ、下らないネタではあるがたまにはこういう話も良いだろう。


では、今日の韓国マスコミネタ。




(中央日報3月30日)
http://japanese.joins.com/html/2005/0330/20050330194637100.html

【社説】日本文科相は強硬で一貫する気か

昨年11月、彼は「日本の教科書で従軍慰安婦や強制連行などの表現が減ったのはよかった」と述べたが、世論に押されて3日ぶりに公開謝罪した。

中略

われわれは、主務長官でなくとも妄言に自ら責任を取って退任した多数の日本政治家を見てきた。 もし昨年のように今度も数日後に適当に謝罪すれば事態が収拾すると考えているのなら、それは錯覚であるはずだ。



( ´H`)y-~~ん。今度は韓国の妄言は無視するかもね。てゆうか、今回謝罪しやがったら、日本国民から苦情が殺到するんじゃね?
しかし、韓国マスコミも、煽っておいて日本にスルーされたらどうする気だろう?




(朝鮮日報3月31日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/31/20050331000060.html

岐路に立たされた韓日関係 友好の根幹揺るがすか

 韓日関係は根本的な変化の岐路に立たされていると、多くの専門家が分析している。独島(トクド)や教科書歪曲は一現象に過ぎず、両国の国家戦略自体が別の道に進み始めたのではないかという観測だ。

中略

 今後、中国と日本の覇権争いで日本の味方にはならないというこの宣言は、1次的に日本を目当てにしているというのが浮き彫りになっている。この宣言がそのまま実践される場合、韓日関係は根本的に変わるほかない。



( ´H`)y-~~さよなら、韓国。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

島根行進曲

yeppunさんのブログからおもしろネタを拾った。


“シネマ県ではなくシマネ県”

吳盈敎行政自治府長官が25日、国会独島特委で懸案報告をする際、日本・島根県のお蔭で恥をかく羽目になった。
懸案報告書を読み進めながら、立て続けに“島根県”を“シネマ県” と誤って発音したからだ。



NAVERでもよく韓国人が間違えていたいた。
単にその韓国人がバカなだけかと思っていたら、政治家までバカだったというわけさ。

しかし、シネマ県って…


虹の~都 光の~港 島根の天地~~♪


さて、半島ニュースを少し。




(朝鮮日報3月30日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/30/20050330000014.html

盧大統領側近らも相次いで二重まぶた手術

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の側近らの間で、盧大統領が受けた二重まぶた手術が流行っている。まぶたが垂れるのを防ぐ「上眼瞼弛緩症」手術だ。この手術を受ければ二重まぶたができるという。



…お前ら、kimuraお兄さんを笑い死にさせる気か?




(中央日報3月29日)
http://japanese.joins.com/html/2005/0329/20050329194348200.html

中山文科相「学習指導要領に竹島領有権を明記すべき」

中山成彬文部科学相が29日、教科書記述の基準となる「学習指導要領」に独島(ドクト、日本名・竹島)と尖閣諸島(中国名・釣魚島)を日本領土と明記すべきだと述べ、波紋が予想されると、共同通信が報じた。


( ´H`)y-~~文明国の日本ではこのような発言を、妄言ではなく「正論」と言う。

まぁ、韓国側の妄動が続いているわけだが、日本のマスコミも韓国に冷たくなったものだ。(笑)


| | Comments (3) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~清算

( ´H`)y-~~今日も超スランプなので簡単に。




(朝鮮日報3月29日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/29/20050329000041.html

盧大統領「植民地残滓の清算活動、強化すべき」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、最近の韓日問題に関する政府の基本方針および対処策と関連し、「全世界に存在する各種の知識情報資料、文献や記録に残っている植民地の残滓(ざんし)を整理し、きれいに洗い出さなければならない」と強調した。



しっかり清算して欲しいものである。

日帝の残滓を清算した後、韓国に何が残るかは知らないが。


( ´H`)y-~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~神降臨

本日、3月28日オンエアのTVタックルにて、西村眞悟議員が以下のように発言した。

「日本人は韓国人が嫌いなんだよ!」


…詳しいことはたぶん、他のブログが細かく紹介すると思うし、この文を書いている時点で、まだまだ神発言連発なわけだが。(笑)

まぁ、感情問題ということで言えば、執拗に日本を憎悪し続ける韓国人を好きになれと言う方が無理なわけで、共感を持つ人は多かったのではないだろうか?

ちなみにkimuraお兄さんは「韓国を心から愛する善良で紳士的な良心的日本人」なので、誤解無きよう。

韓国を心から愛する善良で紳士的な良心的日本人としての意見として言えば、韓国に対して必要なのは思いやりでも謝罪でもなく、韓国の「自立」を求めていくことであろうと思う。

変に妥協することなく、正しい歴史認識を訴え、韓国に対して総括援助を行うことが日韓双方のためであるとkimuraお兄さんは考えている。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

両論併記

22日 にも触れた、日韓歴史共同研究委員会の続きである。




(日経新聞3月26日)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050327AT1E2600F26032005.html

日韓歴史問題、双方の主張併記へ・共同研究委報告書

 日本と韓国の歴史学者による日韓歴史共同研究委員会(日本側座長・三谷太一郎成蹊大教授)は26日、都内で会合を開き、歴史問題に関する双方の論文集を交換した。官民による日韓歴史共同研究推進計画合同支援委員会に報告し、夏ごろに出版する。両国の溝を埋めるために始めた共同研究だったが、結局は双方の言い分を並べるだけに終わる。

中略

 しかし、日本側は学問的に事実関係を探求しても一致は難しいと判断。最後は「政府が判断すべき問題」として、両論併記にすることにした。



報告書が出来たら、勿論、「両論」を比較してみたいと思う。

kimuraお兄さんの勘では、これに関連する妄動も起こりそうな気がするので目が離せない。

( ´H`)y-~~

| | Comments (13) | TrackBack (0)

主思派とかの話

最近も竹島(takeshima)妄動関連で火だるまになった人が居たが、10年ほど前も韓国の学生運動で、「抗議の焼身自殺」というのをやっていたように思う。

萩原遼著「ソウルと平壌」 によると


こうした学生運動の極左方針が顕著になってきたのが1991年である。1991年4月、デモ中の一人の学生が私服警官の鉄パイプで殴られて死亡した事件がもとで十人を超える学生運動の活動家たちの抗議の焼身自殺があいついだ。金日成信奉者たちが占めていた当時の学生運動指導部はこの自殺を賛美し、あおり、それによって運動の高揚をはかろうとした。自殺者を「烈士」と呼び、大規模な葬儀と葬列を組織した。そのために遺体の引き渡しを求める遺族たちとのトラブルもあいついだ。焼身自殺の予定者として何人もの学生をおだてて志願させたりした。

という事であったらしい。
ただ、さすがにこのレベルになると、韓国でも一部の狂信者の仕業で、全部がここまでキチガイだったというわけでは無くて、93年頃には「主思派」が後退し非運動圏の学生に取って代わられたと萩原氏は書いている。

「主思派」とは何かというと、要するに金日成信奉者である。韓国では主体思想派「主思派(チュサパ)」という。

上掲書によると


民主化勢力の勇敢な実行部隊として大きな役割をはたした学生運動の指導部が、北朝鮮の金日成のとなえる、いわゆる主体思想(チュチェ思想)のとりことなって北の指令のままに極左的な運動方針を強引におしすすめて急速に孤立していった。彼らは主体思想派(略称主思派=チュサパ)とよばれて、学生運動だけではなく労働運動の一部や文化団体の間にも広がった。


ということである。

まぁ、日本にもそういう親北の馬鹿はたくさん居るわけで、はなはだしい例としては東京大学の名誉教授などもそうした「進歩的文化人」の一人であったりなどする。

近年、また韓国側の妄動が激しいが、その背景に関しても、「それが誰の利益となっているのか」という観点から慎重に見極める必要があるかも知れない。


( ´H`)y-~~

| | Comments (9) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~ローレライ見てきた

…子どもの頃、松本零士のマンガをたくさん読んだ。
おおかたはSFものだが、「ザ・コクピット」などの戦記ものもたくさん読んだ。

その頃はまだ今と違ってサヨク系統が元気が良い頃ではあったが、一方でマンガが語ってくれる「物語」もあり、「戦争」というものを立体的に見ようと思う要素の一つにはなったのではないかなと考えることもある。

今日、映画「ローレライ」を見に行ったわけだが、子どもの頃に読んだ松本零士の戦記もののように、とても面白かった。
「おい、阿川。それはオヤジの意向か?お前の趣味か?自然な配役じゃねーだろ」とか、「もっとミカドロイドぐらいエグくても良いのに」とか、「野球の球…そんな死に方ねーじゃん」とか、突っ込みどころはあるけど、女の子もそんな下手じゃなかったし、可愛かったし、ピエール瀧も良かったし、それに、映画として良かったと思う。

ただ、やっぱりkimuraお兄さんとしては

戦争ものに女は要らない

とは思うわけだ。

( ´H`)y-~~

さて、韓国の話も少しはしておこう。




(朝鮮日報3月25日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/25/20050325000070.html

「韓米は決別を準備すべき」という米国

 韓国国際政治学会が25日に主催した国際学術会議で、ダグ・ベンド米カント研究所研究員は、「米国において韓国は莫大な費用と犠牲を注ぐほどの死活的な利益の対象ではない」とし、「韓米両国は友好的な決別を準備しなければならない」と述べた。




Dean Acheson
ディーン・アチソン


*画像に深い意味はあるかも知れない


(朝鮮日報3月25日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/25/20050325000053.html

沈黙守る盧大統領 軟化に旋回?



(朝鮮日報3月24日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/24/20050324000045.html

盧大統領「日本との経済・文化交流は続ける」



(朝鮮日報3月25日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/25/20050325000063.html

対日アクションプラン 国連で「慰安婦・教科書問題」提起へ


今日、姜尚中の「在日ふたつの「祖国」への思い」(講談社+α新書)という本を買ったが、例によって東北アジア共同の家についても書いてあったわけで、それの感想とまとめて。


ああ、結局「事大主義」ですか。そうですか。


( ´H`)y-~~

| | Comments (7) | TrackBack (0)

それはひょっとしてギャグで言っているのか?

さて、今日の韓国おもしろニュース。

実は韓国は竹島(takeshima)だけではなく対馬侵略も画策していたというのは有名な話である。

もちろん、対馬が韓国のものだなどという根拠など全く無い。

だから、死にものぐるいで少しでも韓国に有利な記述を集めようとするので、かなり間抜けなことが起きるわけだ。




(朝鮮日報3月24日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/24/20050324000013.html

対馬は新羅の属地? 海外歴史書が存在

 対馬は新羅の属地で、土地が不毛で定期的に新羅の援助を受けてきたという事実を記録した海外歴史資料が存在すると伝えられた。
中略

 24日、ソウル大学の李炫馥(イ・ヒョンボク)名誉教授によれば、米国出身宣教師で韓国史専門家であるH.ハルバート(Hulbert)さんが1905年に出刊した「韓国の歴史(History of Korea)」に対馬と新羅の関係を示す内容が盛り込まれている。


H.ハルバート宣教師って…

「朝鮮亡滅」 のホーマー・ハルバートだろ?


朝鮮人は、自己の知的水準を引き上げ、精神世界を拡大しようとする努力が あわれにもないのに、社会的地位を高めようとする激しい欲望だけはある。

自分のものでなくとも少しばかりの金を自由に動かすことができるとか、何人か働くのを監督するとか、ともかく物の面、金の面で人間を支配できるようになると、おしなべて有頂天になる。

朝鮮人は、有力者になる、あるいは名声を博すということだけで、まるで逆上してしまい、ますます尊大な態度をとるようになる



という記録も残しているわけだが、韓国に都合の悪い部分はスルーか?おい?


ところで、3月13日から14日は、実は大事な用事があって、普段は無職のひきこもりのkimuraお兄さんも上京し、さる方々と会った。
そのとき、こういう会話があったように思う。記憶なので詳細は勘弁して欲しい。



A氏:韓国ではイザベラ・バードの朝鮮紀行は翻訳されているんですかね?

( ´H`)y-~~:全文かどうかは知らないけど、NAVERでもたまに「韓国に都合が良い」記述だけは韓国人が書くことがあるよね。

B氏:「都合が良い」部分だけ翻訳してるから、あの「朝鮮紀行」が韓国ではものすごく薄かったりしてね。

全員:うひゃひゃひゃひゃ(爆笑)



…韓国では学者(自称)が、都合の良い記述をよりぬいて珍説をでっちあげるのは基本らしい。(笑)


まぁ、日本ではそういうのを歴史捏造と言うわけだが。


( ´H`)y-~~

| | Comments (14) | TrackBack (0)

<♯`Д´>そんな教科書、修正してやるっ!

歴史教科書問題である。
相変わらず韓国は自国の捏造と妄想に彩られた歴史教育を省みず、真実の歴史を受け入れないで独善的一方的に日本の教科書に不当な非難を浴びせている。


(朝鮮日報3月22日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/22/20050322000051.html

政府、日本教科書検定後も修正要求しない

 政府は日本の歴史教科書検定結果が発表(4月5日)された後、歪曲された部分に対して「項目別修正要求」はしない方針だと伝えられる。代わりに検定結果に対する総合的な評価を日本側に伝え、教科書採択率を食い止めるために全力を尽くす方針だ。

中略

 政府は01年当事、歪曲教科書が検定を通過した後、内容をいちいち指定し、修正を求めたが、明白な事実の誤謬を除いては修正されなかった。



…これって要するに

<♯`Д´>事実で争っても負けるから、圧力をかけてやるnida!

ということなんじゃないのか。

修正項目を上げて修正を要求して、ことごとく反論されたら面子丸つぶれなので、今回はそれを避けたのかも知れない。多少は韓国人も学習能力があるようだ。

私も過去にある程度、検証を行ったが、日本の歴史教科書として見た場合、扶桑社教科書は著しく不当な内容であるとは言えない。

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/mokuji.html

韓国側が過去に要求した修正項目は、日韓関係史において、韓国側の願望とは異なる事実を扱った部分が多く、かえって韓国の捏造と妄想と願望に基づく歴史教育の弱点を示す形となったと私は考えている。

今後、いわゆる「日日問題」として、韓国などと国際的に連帯した反日日本人のさらなる妄動が予想される。

しかし、私は、日本として真実の友好を目指すならば、韓国に対する不要で有害な「思いやり」を廃し、言うべき事は言い、反論すべき点は反論しなければならないと思う。


( ´H`)y-~~

さて、その他のニュースを少し。




(朝鮮日報3月23日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/23/20050323000042.html

盧大統領が厳しく日本批判 「竹島の日」条例案関連


また国内向けか。侵略者の分際で生意気な。




(朝鮮日報3月22日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/22/20050322000047.html

盧大統領「韓国の選択によって北東アジア勢力図変わる」


ああ、変わるだろうさ。朝鮮半島はババ抜きのババだからな。




(朝鮮日報3月23日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/23/20050323000034.html

政府、国際機関で日本の教科書問題を提起へ


国際的に恥をさらしたいらしい。




(中央日報3月22日)

http://japanese.joins.com/html/2005/0322/20050322141122100.html

【日本人に贈る一枝の白梅】 梅の花の痛みを知って、友になります


「変化する時代の流れ」を全然読めてないのは韓国人の方ですから。残念。


( ´H`)y-~~

| | Comments (205) | TrackBack (0)

日韓歴史共同研究委員会

( ´H`)y-~~数年前に決まった日韓歴史共同研究委員会について、最終報告書が採択されるとのこと。


韓国側委員がなかなか決まらなかったことでも話題となった記憶があるが、順調に研究が進んでいたようで、何よりである。


(朝鮮日報3月21日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/21/20050321000034.html

韓日歴史共同研究委、26日に最終報告書採択へ

 韓日の歴史関連懸案を論議するための韓日歴史共同研究委員会が26日、東京で開かれる。

 今回の会議では02年からはじまった第1期研究に対する最終報告書を採択する一方、韓日首脳が合意した第2期研究の開始問題を協議することになる。

 同委員会は日本の「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書歪曲問題で触発された歴史歪曲問題を克服するため、01年10月に韓日首脳会談合意によって発足しており、翌年5月25日、ソウルで初の合同会議を開催している。


まぁ、例によって「日韓市民団体」もこれに関わって様々な動きをすると思うので、これからも観察していきたい。

また、
http://www.jca.apc.org/asia-net/library/news020305.shtml
に取り上げられている、「外務省アジア太平洋局北東アジア課資料:日韓歴史共同研究推進計画」によると


合同支援委員会は、両国において政府及び関連機関、国会議員、大学等を含む研究機関、各種図書館、教科書作成者、民間(マスコミ各社、日韓関係や歴史に関する有識者等)等が研究成果を然るべく活用すべく、広く配布し周知させる。これにより、本歴史共同研究の目的が最大限達成されることが期待される。また、インターネットのホームページで公開し、日韓両国民間での相互理解が広まるようにする。これらにより、学者、専門家、教料書会社等が報告書の内容を承知することとなり、将来、歴史教科書が編修される過程で参考として考慮されることが考えられる。

と、インターネットなどでも公開されるということらしいので期待したい。

ところで、これに関わって検索をしていたら、拙サイトにもリンクして頂いているrx178の最近気になる朝鮮半島というブログが引っかかった。

古い記事で恐縮だが

http://chosonnews.txt-nifty.com/han/2004/06/post_24.html
2004.06.09日韓「歴史共同研究委」 韓国2氏、政界“進出” 政治性強い学者に戸惑い

と言う記事であるが、実は、韓国では日本と比べて大学教授などの学識者が政治に関わることが多いのだそうな。

林 鎬根 (著)「韓流の源」 によると


この国における公務員指向の高さを裏付けるのが、大学教授がすぐさま閣僚や大統領補佐官などに任命されることでもよくわかる。

アメリカによく似ているこのリクルート、大学教授が長年の研究生活を投げ捨てて政治に直接参与することは、日本から見ると何とも奇異に映るかもしれない。しかし、これには韓国が内包していた切実な問題があった。

1970年代頃までと思うが、政治家や官僚の中に人材が育っていなかった時代があった。そのため政治、外交、経済などの面で、すぐに使える人材を大学に求めた。それが定着して、大学教授が抵抗もなく大統領府や内閣府に入り、実際の政治に参与するようになったのである。


ということで、韓国では学者と政治との距離が日本よりも近いらしい。

だからといって政治的目的のために学問を曲げても良いと言うことにはならないのではあるが、かの国の場合、今までの実績から考えて、そういう曲学阿世の卑劣漢の妄動を否定できない。

今後も要注意である。

( ´H`)y-~~

| | Comments (22) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~歴史は繰り返す

さて、盧武鉉妄言から、竹島(takeshima)妄言、扶桑社教科書への干渉など、韓国の妄動が続いているわけで、もうお腹一杯という感じである。

kimuraお兄さん的にはあまり同じようなネタが続くと困る。
今日も真新しい切り口が見つけられなかったので簡単にすませよう。


(読売新聞3月20日) http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050320i411.htm 韓国大統領「竹島」で米の支持要請、ライス長官無反応

 【ソウル=浅野好春】盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国大統領は20日、青瓦台(大統領府)でライス米国務長官と会談、竹島や中学歴史教科書問題で日韓関係が悪化している現状について説明した。

 青瓦台報道官によると、盧大統領は、竹島問題などを念頭に、「域内の障害要因が、歴史的状況に対する正しい認識を土台に克服されてこそ、北東アジアの平和と繁栄が実現できる」と述べ、「韓国と米国が、そのために建設的役割を果たさなければならない」と間接的な表現で韓国への支持を促した。しかし、ライス長官は、特別な反応を示さなかったという。


000dogeza-13


深い意味はない

( ´H`)y-~~

| | Comments (2) | TrackBack (1)

あの国のあの法則

あの国のあの法則とは何か?

2ちゃんねるなどでも、よく話題になる「あの法則」については
http://s03.2log.net/home/kkk666/
に詳しく紹介されているが、

要は韓国は貧乏神ということである。

まぁ、根拠など無い、他愛のないネタである。(それにしては何故かよく当たるが(笑))
貧乏神と手を切れば、「逆法則発動」とか言って幸福が訪れるらしい。(笑)

最近、盧武鉉妄言や竹島(takeshima)妄動が続いていたので、逆法則発動で日本の景気が大幅に回復するか?と思いきや…




(朝鮮日報3月20日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/20/20050320000039.html

独島めぐる韓日政府の対立が小康状態

 日本島根県議会の「竹島(独島の日本名称)の日」 条例案の成立以降続いてきた政府の強攻が一段落した様子だ。日本政府もこれといった対応をみせず、両国政府間の対峙は小康状態となっている。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は今月18日夕、趙世衡(チョ・セヒョン)、崔相龍(チェ・サンリョン)両元駐日大使を大統領府官邸に招き、今後の対策策について話し合いながら、昨年始まった「韓日シャトル首脳外交」を続けるのが望ましいという意思を表明したと伝えられた。



orz

ダメじゃん…

盧武鉉、逃げに入ってるじゃん。


無職でhikikomoriのkimuraお兄さん的には、景気が回復して生活が楽になればいいなぁとは思うわけだが…

…でも、kimuraお兄さんは「韓国を心から愛する良心的日本人」なので、法則発動で貧乏神に祟られ続けるのかも。

( THT)y-~~

| | Comments (11) | TrackBack (2)

やさしさとおもいやり

相変わらず韓国は無駄に元気が良いように見える。


(朝鮮日報3月18日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/18/20050318000083.html

日本は何をどのように反省するというのか

 …「韓国民の心情を重く受けとめ、反省することは反省する」という談話の内容が日本の本心であるならば、言葉ではなく行動に移すべきだ。昨今の韓日関係の悪化は全的に日本側の挑発によるものだけに、“結者解之(結んだ者がそれを解くの意)”レベルでも日本が解決の糸口を提示するのが道理だ。日本国内の右翼勢力が隣国韓国の領土に手を出そうとする挑発行為を政府レベルで遮断し、右翼陣営の教科書の歪曲部分を検定の過程で正す努力を見せなければならない。

韓国の国民も「韓国と日本は共に歩むほかない『隣人同士』」という認識のもと、接点を見つける努力をしなければならない。韓日両国間には埋められない立場の差があるが、その部分だけに拡大鏡を当てればあつれきは収拾がつかない程拡大せざるを得ない。日本が心から「韓国民の心情を重く受けとめる」姿勢を見せるという前提のもと、韓国も「未来のため」という観点から、韓日関係の修復策を模索しなければならない。



一見、いつものように韓国側の非を微塵も認めず、日本側を一方的に断罪する独善的で反省の欠片もない記事のように見えるが、

韓国の国民も「韓国と日本は共に歩むほかない『隣人同士』」という認識のもと、接点を見つける努力をしなければならない。~~日本が心から「韓国民の心情を重く受けとめる」姿勢を見せるという前提のもと、韓国も「未来のため」という観点から、韓日関係の修復策を模索しなければならない。

というあたりに微妙に泣きが入っているように見えるのは気のせいだろうか?

そもそも「謝罪と賠償」に関して妄言を吐いたのは盧武鉉であるし、日本領土である竹島(takeshima)を侵略し不法占拠を続けているのも韓国側である。

今までの日本であれば、日本に対する劣等コンプレックスに狂った可哀想な後進国の韓国に「配慮」して上げていたのであろうが、今や韓国も立派な国家であり、いつまでも子ども扱いするのは失礼であろう。

韓国側の一方的で独善的な非難を、ただ黙って聞いているだけではなく、韓国側の間違った思いこみに対しては、しかるべき反論を行い、妄想を粉砕していくことが真実の友好につながると思う。


ところで…


(朝鮮日報3月18日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/18/20050318000063.html

韓日首脳の衝突 発端は小泉首相の「国内向け」発言

 韓日衝突の直接的な発端は日本の独島挑発と教科書歪曲であるが、これを首脳間の衝突に拡大させた決定的な原因は小泉首相の「国内向け」発言だったことが次第に明らかになっている。


って、日本が「配慮」して上げたのに勝手に自爆しているように見えるのは気のせいか?(笑)


( ´H`)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~断指同盟

さて、3月16日にも少し触れた話題をしてみよう。

先ずは3月14日の中央日報の記事から




http://japanese.joins.com/html/2005/0314/20050314194430400.html

【写真】日本の歴史わい曲に「断指」で抗議 

この日の集会で、全国武術人連合会長チョ・イルファン氏の夫人と息子が自身の指を切った。



…写真ニュースだが写真はグロいので載せない。

この場合の「断指」というのはヤクザの「エンコをつめる」という奴とは関係なくて、朝鮮半島にはそういう習慣があったらしい。安重根の断指同盟がよく知られていて、今回の竹島関連の断指も「安重根義士」にあやかったものであろう。

dreamtale氏のブログによると以下のような事であるらしい。


1909年正月、炯秋(けいしゅう)方面へいき、同志12人と会合して話をした。

「よく考えてみると、特別の団体がなければ何事もできず、目的を達することが困難である。今日、我々は指を切って同盟を誓い、目的を達することを期したいがどうか」と相談した。

全員賛成したので、12人はおのおのその左手の薬指を断って、その血で太極旗(韓国の国旗)の前面に大韓独立という4字を大書し、大韓独立万歳を一斉に三唱して散会した。
これが断指同盟である。



他にも、朝鮮半島の歴史に関してはdreamtale日記
http://dreamtale.ameblo.jp/category-8f0285f5d03da6c554d383fc75600625.html
が詳しいので是非とも読んで頂きたい。
dreamtale氏のような奇特な方がおられるのでボクは楽ができる。

( ^H^ )y-~~

断指の習慣に関しては金九も自伝に書いてあるので、似たようなことは他にも有ったのかも知れない。


さて、何で今日になって突然、「断指同盟」のことを書いてみようと思ったかというと、実は


女だ~てら 断指同盟 な・ん・て・ね


というネタを、今日、思いついたからである。


…書いてみたらあまり面白くない上に、おじさん限定ネタになってしまった。

…でもなぁ、昔の薬師丸は可愛かったんだよ。

(´・ω・`)y-~~

| | Comments (7) | TrackBack (1)

たけしま--かんこくのみなさんへ

File0017









( ´H`)y-~~さて、3月17日付け朝日新聞の社説である。

http://www.asahi.com/paper/editorial20050317.html

いちいち引用する気力も無くなるわけだが、このお花畑ぶりは何なのだろうか?

この文を読んで思ったこととして、韓国を怒らせるのであれば、これほど有効な言い方も無いような気がした。

明らかに相手を子ども扱いしているわけである。

ちゃんと教育すれば話も通じるけど、まだまだ遅れているから物事がよくわからない子ども=後進国扱いして、可哀想な相手だと認識する考え方が、この「社説」の根底にあるように思える。

そもそも近年、朝日が叩かれる理由としてサヨクだとかいう以前に、独善的で記事に書く相手のことなどを理解しようとすらしない態度が有るのではないかと思う。

間違った「思いやり」の形の一つであり、真実の日韓友好を求めるのであれば、有害な考え方であろう。

真実の友好を求めるならば、韓国を可哀想な子どもではなく、独立国として扱い、対立する部分は厳しく争うべきではないだろうか。

韓国を心から愛する善良で紳士的なkimuraお兄さんはそう考える。

( ´H`)y-~~


| | Comments (2) | TrackBack (0)

(` H ´)y-~~どの口が言うか?

さて、島根県の「竹島の日」条例成立である。

まぁ、韓国ウォッチャー界では大きなニュースであり、予想通り、かなり斜め上の事態も起こっている模様。


(産経新聞3月16日) http://www.sankei.co.jp/news/evening/17nat002.htm

来日ソウル市議が刃物、一時騒然 「竹島の日」条例
島根県議会は傍聴殺到

 「竹島の日」条例案が可決された十六日、島根県議会には定員の三倍余りの傍聴希望者が詰めかけるなど、関心の高さをうかがわせた。「制定を望んでいた」と冷静に話す傍聴者の声の一方、県庁周辺では、政治団体の街宣車がマイクのボリュームを上げたり、カッターナイフを出した韓国・ソウル市議が取り押さえられるなど、一時騒然となった。

中略

自分で指を切り、血で抗議文を書こうとしたらしい。



日韓関係史でもよく出てくる断指であろう。安重根の件がよく知られていたりする。

まぁ、竹島関連は私もさんざん書いてきたし、他の韓国ウォッチャーの方が分かりやすく解説してくれると思う。
はっきり言ってボクもお腹一杯なので、この辺で(笑)。

竹島関連もそうだし、「光復60周年」ということで予想は出来たことではあるが、最近特に韓国の妄動が多い。

教科書に至ってはまだ検定中なのに何故か韓国に流出し、勝手に大騒ぎしているのは皆さんもご存じかと思うが…


(中央日報3月15日) http://japanese.joins.com/html/2005/0315/20050315204539100.html

【コラム】「少数説を強調し、史料引用は恣意的に」

日本の学界の一部が韓国古代史を歪曲してきたのは昨今のことではない。 今回の扶桑社の検定申請版教科書(以下検定版)は、古代東アジアの国際関係に対する偏向的主張を執拗に拡大再生産してきた結果物だ。 特定事実に対する解釈レベルの問題ではない。 検証されていない話に比重を置いて紹介したり、史料を批判なしに利用するのは、歴史叙述の基本に背くだけでなく、中学校の教科書として全く適していない。

中略

今回の検定版には任那日本府という用語はない。 だが、大和政権が伽耶地域に拠点を置いて軍勢を利用し、高句麗(コグリョ)の南進を挫折させたという(32~33ページ)叙述は、過去の任那日本府説の論旨そのものである。 むしろ大和朝廷が「高句麗に対抗して韓半島南部の支配を認められようと」中国南朝に朝貢した(33ページ)という内容を追加し、広開土(クァンゲド)王陵碑と「宋書」倭国伝の記録を恣意的に引用することで(33ページ)、従来の主張を強化した。



今回の内容についてはまだはっきり分かったわけではないので、コメントしないが、以前に私が韓国歴史教科書について書いた文を載せるので見て欲しい。





【驚愕】韓国歴史教育の捏造シリーズ(1)!古代史の捏造!






韓国国定中学校国史教科書

○満州遼寧地方と韓半島西北地方に、君長が治めるたくさんの部族が現れた。檀君はこうした部族を統合して古朝鮮を建国した。檀君王倹の古朝鮮建国(紀元前2333)に関しては『三国遺事』にその内容が記されている。
檀君による古朝鮮建国の事実は、わが国の歴史がとても長いことを物語っている。また、檀君による古朝鮮建国の事実弘益人間の建国理念はわが民族が困難にあうたびに自負心をめざめさせてくれる原動力になった。


1)『三国遺事』ははるか後世の高麗時代、13世紀後半になって成立した物である。

2)日本書紀でも神代については伝承の一つとして扱い、どの教科書を見ても「神武天皇による日本建国の事実」などとは書いていない。

3)控えめに言っても檀君は高麗時代の『三国遺事』に収録された伝承の一つであり、「檀君による古朝鮮建国の事実」などという表現は間違っている。


また、三国時代の日本との関係についても

○三国時代には文物の交流と交易が活発になった。三国は大陸から中国文化を受け入れて独自の文化をつくりあげ、発達した三国文化を日本へ伝えて日本の古代文化の発達に大きな影響を与えた。


○阿直岐と王仁
は日本へわたり、漢文・論語・千字文を伝えて上げ、武寧王の時には段陽爾と高安茂などが、漢学と儒教を教えて上げ、
日本に政治思想と忠孝思想を普及させてあげた。

とあるが、これは


・広開土王碑や中国の複数の史書に記載されている倭の優越
・中国のコピーにしか過ぎなかった文化
・日本は直接中国に遣隋使や遣唐使を派遣し文化を学んでいた



などの事実を隠蔽し、日本に対する間違った優越意識を持たせる有害な記述である。




検証されていない話に比重を置いて紹介したり、史料を批判なしに利用するだと?

ソウル大学の教授でさえこんなことをする国の言うことか?
http://kimura-nobuo.cocolog-nifty.com/laboratory/2005/03/_y_2.html


(` H ´)y-~~どの口が言うか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アチソンライン


Dean Acheson

檀君 WHO's WHO
http://kamomiya.zive.net/
より


名前 ディーン・アチソン

現職 故人(1893-1971)、国務長官

主な業績 1950年1月に演説し、アメリカの防衛ラインはアリューシャン、日本、沖縄、フィリピンを結ぶ線だと宣言(アチソン・ライン)した。ここに韓国が含まれなかった為、金日成は南を攻めてもアメリカは参戦しないと判断した。すなわち朝鮮戦争の原因の一つとなったのである。

主な著作 創造に立ち会う(1968)、アチソン回顧録(1979)

さて、歴史をふまえた上で、最近の韓国マスコミの記事を見てみよう。




(中央日報3月11日)
http://japanese.joins.com/html/2005/0311/20050311163256200.html

米下院国際委員長「韓国、誰が敵かを明らかにすべき」

米下院のヘンリー・ハイド国際関係委員長(共和党・イリノイ州)は10日、「韓国が米国の助けを必要とするなら、誰が韓国の敵かを明確にすべきだ」と要求した。

ハイド委員長はこの日、下院で開かれた「6カ国協議と核問題」聴聞会の冒頭発言で、「韓国から出てくる紛らわしい信号が、北朝鮮問題をさらに複雑にしている」と批判し、こう述べた。



で、韓国側も何か言ってる




(朝鮮日報3月14日)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/14/20050314000059.html

統一長官がハイド米議員発言に真っ向から反駁

 鄭東泳(チョン・ドンヨン)統一部長官は、ヘンリー・ハイド米下院外交委員長が今月10日、「韓国は誰が敵なのか、はっきりさせる必要がある」と述べたことについて、「適切でない上、同意もしない」と14日述べた。

中略

 鄭長官は「まず敵を規定してこそ米国が助けることが出来るというのは、同盟の目的と精神を理解できていないという意味」とし、「韓国国民は米国は同盟であり、北朝鮮は同胞という考えに変わりがない」と述べた。



かの国の人々の頭の中には確実に何か湧いているな。


( ´H`)y-~~

| | Comments (30) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~さらば李泰鎭

さて。
2月19日 に書いたことの続きである。

李泰鎮氏が閔妃暗殺事件に関わって新史料なるものを韓国マスコミで公開した件につき、NAVER掲示板 の日本側利用者から疑問が持たれ、いろいろな方法で質問状を提出しようと計画されたわけである。

「バファリン作戦」として、ご存じの人も多いかも知れない。

詳しくはzeong氏の日記、NAVER総督府日報
http://www4.diary.ne.jp/user/473099/
あるいはdreamtale氏の日記
http://dreamtale.ameblo.jp/?bid=dreamtale
を見て欲しいが、kimuraお兄さん的に超大雑把にまとめると、





李泰鎭氏が閔妃暗殺事件に関わる新史料を公開



ところがその新史料なるもの、とっくに公開されていたし、日本人有志が原史料を確認したところ、数十カ所の疑問点がみつかった。



もっと有り体に言うと、李泰鎭、お前本当に原史料見てるのか?というレベル。



てゆうか、韓国マスコミの画像って明らかに原史料とは似ても似つかない正体不明の怪文書じゃない?



もし、韓国マスコミの報道が事実なら「学者」として失格と言わざるを得ないんだけど、本当なの?



…と、いうわけで質問した




という流れである。

極端な話をすれば、李泰鎭氏が政治的目的のために正体不明の怪文書をばらまき、歴史捏造を行ったと疑われても仕方がないのではないだろうか。

…もし、ソウル大学の「教授」とあろうものが学問を曲げている、とすれば由々しきことである。

そして、質問状を送付したが、とうとう明確な回答が無いまま今日に至っている。

この結果をどう考えれば良いのだろうか?






さよならは誰に言う さよならは李泰鎭に

三月一五日を待って さらば李泰鎭と言おう

韓国紙記事の怪文書は 誰にも検証できない

答えられぬ時には 嗤って晒そう

捏造も歪曲も いくたびか出逢うだろう

だけどそんな時でも さらば李泰鎭と言おう

( ´H`)y-~~

| | Comments (46) | TrackBack (0)

3月13日は休み

いいだろ、たまには。

大人には大人の事情があるんだよ!

o(`ω´*) o

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教科書と怪文書

あまり更新していない私のサイト、木村研究所の初期の主要な内容は扶桑社教科書の検証だった。

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/index.html

と言っても韓国側の修正要求に反論する形で作ったたたき台のつもりだったのだが、韓国側からも、また、扶桑社教科書を批判する側からもほとんど反論が無いままに今日に至っている。

ところで、最近、また韓国側が「教科書問題」で騒がしい。

長くなるが各紙の報道を見てみたい。

先ずは、毎日新聞から




http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/03/12/20050312ddm041040134000c.html
歴史教科書問題:「つくる会」主導の教科書、検定申請中に流出?--3自治体で情報

◇宣伝活動か、3自治体で情報--歴史・公民教科書が流出?

 「新しい歴史教科書をつくる会」(会長・八木秀次高崎経済大助教授)が主導した扶桑社の06年度版中学歴史、公民教科書の検定申請本(通称・白表紙本)が、文部科学省の検定審査中なのに規則に反して少なくとも2府県の3自治体の教育委員会関係者に流出した疑いのあることが分かった。高嶋伸欣・琉球大教授らが11日、独自調査の結果として明らかにした。同教授らは「禁じられた白表紙本による営業・宣伝活動に当たる」と検定申請受理の取り消しを求める申し入れ書を文科省に提出。つくる会側は会からの流出を否定している。

中略

 「つくる会」副会長の藤岡信勝拓殖大教授(教育学)は「会からの流出はあり得ない。真偽のはっきりしないものを言いふらすほうがおかしい。中国・韓国に批判してもらおうという意図が見える」と反発し、扶桑社は「検定申請中なのでコメントできない」としている。



韓国紙、中央日報から。




http://japanese.joins.com/html/2005/0311/20050311184126200.html

<日本教科書歪曲>政府の3段階対応

歴史内容をわい曲し記述した日本の歴史教科書に対する韓国政府の対応は3段階に分れる。第1段階は、昨年10月、検定済みの扶桑社教科書が入手された後、11日、わい曲内容が公開されるまでの期間だ。

政府当局者は「検定を申請した教科書が『非公開・秘密』のルートを通じて入手され、同段階では公開的に対応できなかった」と話した。しかし、この期間中に、韓日首脳会談、各種の閣僚級会談、政界レベルの接触など様々なチャンネルを通じて「数え切れないほど」懸念と警告の意を示したとのこと。そのため、日本政府は、韓国の懸念を十分認識している。



産経新聞の記事は以下のように伝えている。




(産経新聞3月12日)
http://www.sankei.co.jp/news/050312/sha021.htm

扶桑社教科書 流出の検定申請本配布 教授ら内外報道陣に

 新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆している扶桑社の中学校歴史・公民教科書を批判している高嶋伸欣琉球大教授らが11日、文部科学省が検定中の同社の白表紙本(検定申請本)が流出しているとして東京都内で記者会見し、入手した全文のコピーを「貸与」名目で報道陣に配布した。会見には中国や韓国のメディアも出席しており、内容は両国政府に伝わるとみられる。

中略

 入手先を明らかにできない白表紙本の全文コピーを内外のメディアを集めて配るという乱暴な行為は、終盤で外圧導入を狙う検定妨害であり、わが国の教科書検定制度そのものを破壊しようとする危険な政治活動といえる。



韓国側のマスコミはさかんに「歪曲」内容を伝えている。

最近、私もブログなどで取り上げた「慰安婦」問題や「創氏改名」についても色々と言われているようであり、興味はある。

しかしながら、つくる会側は流出を否定していること、検証できる公開情報では無い事などから、現時点では私には今回の教科書の内容に関して論評することは、まだできない。

そもそも入手先を明らかにできない白表紙本など

怪文書

に過ぎない。

私のような普通の人間は怪文書を根拠として論評は出来ない。


しかし、何故に、この時期に韓国側に流出するのだろうか?


古典的な「日日問題」という感じを否めない。

( ´H`)y-~~


| | Comments (25) | TrackBack (1)

竹島問題と国際法

さて、今日は面白いネタが見つからなかったので、竹島問題に関して過去に書いた文のうち、サイトに収録していないものを上げてお茶を濁そう。

…拙サイト

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/index.html

の内容は、基本的にNAVERなどの翻訳掲示板で韓国人が頻繁に話題とするものに対する反論のテンプレートとして作成したものだが、テンプレートの中でもサイトに収録するには、まだ改良の余地があると思った文は収録していなかったりする。

今後、少しずつ、そういう過去の文もブログで取り上げたいと思う。


( ´H`)y-~~


以下は2月27日に中央日報が竹島問題について記事にしたときに、反論として書いた文である。


http://japanese.joins.com/html/2005/0227/20050227170827200.html

「独島は韓国の領土」英政府地図が発見

第2次世界大戦後、連合国と敗戦国の日本が1951年9月に調印したサンフランシスコ平和条約を準備する過程で、英国政府が独島(ドクト、日本名・竹島)を韓国の領土と認めた地図が27日、公開された。

中略

漢陽(ハンヤン)大の慎鏞廈(シン・ヨンハ)碩座教授も「英国が最終案を米国に伝えた後、米英合同草案が採択されたが、米国の影響力が大きかったためか、独島関連の言及が抜けた」と説明した。

中略

慎教授は発掘された地図について、「サンフランシスコ条約の正式地図ではなく、英国側の草案ではあるが、太平洋戦争で重要な役割を果たした英国が独島を韓国の領土と確認したことは大きな意味を持つ」と評価した。








( ´H`)y-~~竹島(takeshima)問題の真実(国際法)



(愼鏞廈)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/

http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/Takeshima/


1)SCAPIN677は「行政権の停止」です。日本の「領土」についてはあくまでサンフランシスコ条約で決まりました。
このとき「放棄する領土」に竹島は含まれていません。
また、アメリカは竹島について日本の領土であると考え、かつ、過去に朝鮮が支配した実績が無いと考え韓国の要求を受け入れませんでした。

2)そもそもサンフランシスコ条約では「放棄する領土」が書かれているという基本的な事柄を韓国人は理解していないようです。
サンフランシスコ条約で竹島も日本の領土と決まりました。

3)草稿で竹島も放棄することになっていたのに最終的に放棄する領土に含まれなかったので、日本領土です。



竹島(takeshima)問題について、外務省のサイトには以下のようにある。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/




(注2:1954年(昭和29年)9月、我が国は本件問題につき国際司法裁判所に提訴することを提案したが、韓国側は右提案を拒否。なお、日韓両国間では国交正常化の際に「紛争の解決に関する交換公文」を締結。)






韓国側とは国際司法裁判所への提訴につき合意が成立していないという事実について記載されている。


国際司法裁判所は紛争当事者双方の合意がなければ裁判ができません。



なお、上記の「紛争の解決に関する交換公文」によると




両国政府は,別段の合意がある場合を除くほか,両国間の紛争は,まず,外交上の経路を通じて解決するものとし,これにより解決することができなかつた場合は,両国政府が合意する手続に従い,調停によつて解決を図るものとする。






となっている。

あくまで領土問題で対立するのであれば、国際司法裁判所で解決を図るのが適当である。

国際司法裁判所ではどのように考慮されるのかということについては、検索の結果、下記の事柄がわかった。

以下、韓国語サイト

http://user.chollian.net/~zstokdo/t_home/txt_03.htm

より引用。




それさえも我が方の成果なら独島に対する実效的支配を暗黙的にインゾングバッアッダはのであるようだが, なるほどそうかよく見よう. 領有権紛争において実效的支配の認定は両国間の紛争地域が国際司法裁判所にフェブドエあ判決を受ける時有利な場合があるから必要だ. しかし実效敵支配の效果を見ようとすれば二つの要件が充足されなければならない. 一つは版ギョルシ証拠資料採択可否の決定時限になる '決定的 期日(critical date)'に属しなければならないというのだ.
現在韓日間にお互いに主張が違うが国際判例や国内多くの国際法学者野の見解では独島問題の決定的期日は日本の主張どおり日本が妻うーん公式抗議を申し立てた 1952年2月 28日になる可能性が高いことでなっている. それならこの以後の実效的支配は領有権判決 の時全然故リョの対象にならないという話だ. 実效的支配の二番目要件は平穏で継続的な支配ではなければならないというのに, 現在私たち警察駐屯の支配が果して平穏な支配に当たるかも論難の対象になる可能性がある.





그나마 우리측의 성과라면 독도에 대한 실효적 지배를 묵시적으로 인 정받았다는 것인 모양인데, 과연 그런지 살펴보자. 영유권 분쟁에 있어 실효적 지배의 인정은 양국간의 분쟁지역이 국제사법재판소에 회부되 어 판결을 받을 때 유리한 경우가 있기 때문에 필요하다. 그러나 실효 적 지배의 효과를 보려면 두 가지 요건이 충족되어야 한다. 하나는 판 결시 증거자료 채택 여부의 결정 시한이 되는 ‘결정적 기일(critical date)’에 속해야 한다는 것이다.

현재 한일간에 서로 주장이 다르나 국제판례나 국내 여러 국제법학자 들의 견해로는 독도문제의 결정적 기일은 일본의 주장대로 일본이 처 음 공식 항의를 제기한 1952년 2월 28일이 될 가능성이 높은 것으로 되어 있다. 그렇다면 이 이후의 실효적 지배는 영유권 판결시 전혀 고 려의 대상이 되지 않는다는 말이다. 실효적 지배의 둘째 요건은 ‘평 온하고 계속적인’ 지배여야 한다는 것인데, 현재 우리 경찰 주둔의 지배가 과연 평온한 지배에 해당되는지도 논란의 대상이 될 가능성이 있다.





まとめると、



国際司法裁判所での審判に重要な要素として、実効的支配の有無がある。

単に「地図に載っていた」「歴史書に記載がある」という程度では無意味である。

実効的な支配を行っていたという根拠が必要である。

そして、過去に朝鮮が竹島を「支配」していたという証拠は皆無である。


また、実効的支配の効果を満たすには二つの要件がある。


1)証拠資料採択可否の決定時限になる決定的期日(critical date)

2)平穏で継続的な支配


1)については日本が公式抗議を申し立てた1952年2月28日になる可能性が高い。
つまり、それ以降の資料は考慮の対象とはならない。

2)について、警察の駐屯などが平穏で継続的な支配にあたるか疑問。

ということである。


現状では圧倒的に韓国に不利というのが事実である。



以前に書いたことの繰り返しになるが、1905年以前に韓国側が竹島(takeshima)を正確に認識し領有意志を示し実効支配を行っていた証拠が無い限り、韓国人がどんな妄言を重ねても無駄なわけです。


( ´H`)y-~~


| | Comments (6) | TrackBack (1)

竹島の日

かねてから話題となっていた「竹島の日」を定める条例案が10日の県議会総務委員会で可決されたとのこと。




(読売新聞3月10日)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050310i205.htm

「竹島の日」条例案、島根県議会の委員会が可決

 日本の竹島(韓国名・独島)に関し、超党派の島根県議が議員提案した「竹島の日」を定める条例案が10日の県議会総務委員会で、賛成多数で可決された。

 条例案には韓国側が猛反発しているが、16日の本会議で可決、成立する見通し。

中略

 今年は日韓国交正常化40周年で「友情年」と位置付けられているが、韓国側は提案後、県と姉妹提携する慶尚北道が交流の中断を表明、外交通商省も「条例案の即時廃棄」を求めるなど、猛反発。日本の外務省首脳も日韓関係の悪化を懸念して批判した。



日本の外務省は何を考えているのか?
この程度で「悪化」する関係なら、もともとその程度のものだったのだ。
「領土問題」という重大な問題に関しても率直な意見を言うようにならなければ真実の友好はあり得ないと私は考える。

以下は過去に拙サイトにも書いた内容であるが、改めて「竹島問題の原点」とは何かを掲示し、この問題について多くの方々に知ってもらい、行動する上での参考にして欲しいと思う。

( ´H`)y-~~

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/column-ri-line.html

日本の領土を侵略し、不法占拠しながら反省も謝罪も行わない悪の民族=韓国人


(李承晩)

---------------------------------------------------
李承晩line:李承晩が一九五二年に発した海洋主権宣言において設定された漁船立入禁止線。このため、済州島付近から対馬海峡にわたる漁場でのわが国の漁船の操業が禁止された。六五年日韓漁業協定の成立とともに撤廃。
(広辞苑より)
---------------------------------------------------

そもそも竹島問題とは、李承晩が一方的に昭和27年1月18日に海洋主権宣言(李承晩line)を宣言し、竹島もこの李line内に含まれると主張した事にはじまる。
当時、李承晩は領土的野心を持ってかつて朝鮮が一度も実効支配したことのない竹島を日本から奪い取ろうと画策し、当然のようにアメリカから拒否されています。
厚かましいことに、対馬も日本から奪おうと画策しましたが、これまた当然一蹴されています。

(一応付け加えておきますが、朝鮮は対馬を実効支配したことはありません)

最近の日本人の多くは韓国による明白な侵略行為についてあまりよく知らないようですが、敗戦後の日本が相手であれば、どのような無法な要求でも抵抗出来ないだろうとたかをくくった韓国の領土的野心には呆れるばかりです。

---------------------------------------------------
(補足資料:韓国の意見書に対する米国の回答)

右の韓国の獨島(竹島)を韓国に含めるという条文修正要求に対しては、一九五一年八月十日付けで、ラスク(Dean Rusk)極東担当国務次官補から韓国大使にあてた公文(四七)によつて、米国としての最終的な回答がなされた。同公文の関係箇所は、次のとおりである。

書簡をもつて啓上いたします。本官は、対日平和条約草案に関し若干の点について合衆国政府の検討を要請する一九五一年七月十九日付けおよび八月二日付けの閣下の書簡を受領したことを確認する光栄を有します。
草案第二条aを、日本が「朝鮮並びに済州島、巨文島、鬱陵島、ドク島およびパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原および請求権を、一九四五年八月九日に放棄したことを確認する」と改訂するという韓国政府の要望に関しては、合衆国政府は、遺憾ながら当該提案にかかる修正に賛同することができません。合衆国政府は、一九四五年八月九日の日本によるポツダム宣言受諾が同宣言で取扱われた地域に対する日本の正式ないし最終的な主権放棄を構成するといふ理論を条約が取るべきだとは思いません。ドク島、または竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱はれたことが決してなく、一九〇五年ごろから日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。かつて朝鮮によつて領土主張がなされたとは思はれません。「パラン島」を日本が放棄したものとして条約に名前を挙げる島の中に加えるという韓国政府の要望は、撤回されたものと理解します。
合衆国政府は、第四条a項の規定が…〈以下省略〉…
本官は、以上を申し進めるに際し、ここに重ねて閣下に向かつて敬意を表します。

…As regards the island of Dokdo, otherwise known as Takeshima or Liancourt Rocks, this normally uninhabited rock formation was according to our information never treated as part of Korea and, since about 1905, has been under the jurisdiction of the Oki Islands Branch Office of Shimane Prefecture of Japan. The island does not appear ever before to have been claimed by Korea. It is understood that the Korean Government's request that "Parangdo" be included among the islands named in the treaty as having been renounced by Japan has been withdrawn.

---------------------------------------------------

私の父の世代にとっては「韓国」といえばこの事件が先に思い出されるらしい。
具体的にどのような事件が当時起こったかを書く。
以下、
http://www.vsp.jp/history/shuchou-143.htm
より引用。

---------------------------------------------------
韓国政府は、翌年の昭和28年(1953年)1月12日、「李承晩line」内に出漁した日本漁船の拿捕を指示し、2月4日には、日本の第一大邦丸の漁撈長が韓国艦艇の銃撃で射殺されるという事件が発生した。
---------------------------------------------------

この他にも、拿捕・抑留された日本漁民は2800人にもおよぶ。

当時、日本国内に激しい反韓国感情があった。

竹島(takeshima)問題の原点には韓国による国家犯罪、韓国による日本領土侵略があることを忘れてはならない

| | Comments (0) | TrackBack (1)

水豊の太陽

中央日報にこういうコラムが載った


(中央日報3月7日) http://japanese.joins.com/html/2005/0307/20050307185918100.html

【噴水台】57年後

1948年5月14日昼12時。休戦ラインを横切る高圧線の電気の流れが突然切れた。北朝鮮のイ・ムンファン電気総局長が韓国の朝鮮電業社長に「電気料金を支払わないので電気を断つ。解決の意思があれば平壌(ピョンヤン)に来なさい」と通報してからちょうど1時間半後だ。

解放当時、発電設備占有比は北朝鮮が88.5%(152万kW)、韓国が11.5%(19万kW)。解放直前は発電量の96%を北朝鮮が生産し、韓国は4%にすぎなかった。 南側も努力したが、48年当時、電気の50~60%は北から買って使用する状況だった。

中略

このように権力を振るうほど電気が豊富だった北朝鮮は、下り坂を歩んで今ではむしろ電気問題に苦しんでいる。

中略

来る10日以後、南から北に1万5000kWの電気が勢いよく流れる予定だからだ。 57年ぶりに方向を変えて休戦ラインを横切る電気。 今は核問題で南北がにらみ合っているが、この峠を越えればその電気が南北交流の原動力になることを期待する。



上の記事には大事なことが抜けている。

北朝鮮に誰がそんな発電所を作ったと思っているのだろうか。
また、韓国がそれだけの発電所を全て独力で作ったとでも思っているのか。

…「水豊ダム」というダムがある。

日本(朝鮮総督府と満州国共同事業)が戦前に中朝国境の鴨緑江に築いた巨大ダムであり、10万kwhの発電機7機を使い、最大出力70万kwhという当時としては世界最大級の発電能力を持ったダムであったという。

萩原遼氏の「朝鮮戦争」(文春文庫)にソ連がここの施設をかなり搬出したと書かれている。


北朝鮮から撤去した最大のものは、水豊ダムの施設であった。十月下旬に、ソ連軍約三千名がトラックで水豊にきて、日本人・朝鮮人を使役して、その年十二月中旬までに、発電所の第三・四・五号機を解体して撤去した。そのおもなものは、発電機二台、水車三台、変圧器二台、配電盤三台、開閉器三台であり、第一・二・六・七の四台には手をつけなかった。

朝鮮戦争時、このダムは米軍の重点爆撃目標ともなった。

しかし、このダムは今なお北朝鮮と中国に電力を供給し続けているという。


また、中央日報3月9日の記事。


http://japanese.joins.com/html/2005/0309/20050309194349400.html

李泰鎮教授「植民地期は祝福どころか近代化を阻害」

「20世紀初めのわが国に『自力近代化』の可能性がなかったため、いずれにせよ列強に侵略されるしかなかったという考えは、極めて敗北的な歴史認識であるのみならず、学問的にも検証されていない主張だ!」

中略

また「大韓帝国の近代化改革が加速化し、その成果が現れ始めたため、これに焦った日帝が不法な手段を使い、大急ぎでわれわれの国権を強奪した」とし「日帝の植民統治は、祝福すべきことではなく、わが民族の自力近代化の機会を奪い取った行為だ」と強調した。


…学問的に、って

2月2日に「日帝の土地収奪」という虚構 でも紹介したけど、Carter J Eckert氏は違う意見のようですね。


…もうね、バカかと、アホかと。

( ´H`)y-~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~詐欺?

燃え上がれ 燃え上がれ 燃え上がれ 韓国!

ニムよ 走れ

まだ反日に燃える 恨があるなら

F5キーを 打てよ 打てよ 打てよ

火病の発作を ぶつけろ韓国

無法国家 韓国 韓国


…すまん。良いネタが見つからなかったので、また思いついたことを適当に書いたら、こんなことになってしまった。
反省し謝罪するけど、賠償はしない。

( ´H`)y-~~


今日も本当にスランプなので、適当におもしろニュースを紹介してお茶を濁そう。




NAVERニュース(もとはYTNらしい)3月8日
http://j2k.naver.com/k2j_frame.php/japan/news.naver.com/news/read.php?mode=LOD&office_id=034&article_id=0000178835

日製 徴集 補償受けるように してくれると 詐欺

日製 治下 強制徴集と 係わって 日本 政府から 補償を 受けてくれると 欺いて 巨額を もらって 取りそらえた 一党が 警察に 摘発されました.

中略

警察 調査 結果 故 さんは 実際 徴集されるの アンアッドでも 78歳 以上なら 補償受ける 数 あると 欺いて 被害者たちを 集めた ので 現われました.

警察は 詐欺 被害者 の中 実際 徴集 被害者は 20% 位に 過ぎなかったと 明らかにしました.



orz

さて、どこから突っ込んでいいものやら…

えーと、

「日本政府から補償」?

まぁ、これだけでもひどいが…

詐欺 被害者 の中 実際 徴集 被害者は 20% 位って…

残りの80%は何だよ!

…まぁ、国ごと日本に詐欺を行っているようなものではあるが。


( ´H`)y-~~


| | Comments (0) | TrackBack (0)

捻じ曲げられた歴史観

昨日紹介した韓昇助氏関連で、朝鮮日報は社説で以下のように取り上げた。


(朝鮮日報3月6日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/06/20050306000023.html

日帝支配が「祝福」だという捻じ曲げられた歴史観

 韓昇助(ハン・スンジョ/75)高麗(コリョ)大学名誉教授が日本の右翼月刊誌に「韓国に対する日本の植民支配は祝福」と主張する論文を掲載した。

中略

 韓日合併当時の韓国は、どうせ誰かの「えさ」になるほかなかったという話は、日本の右翼が植民支配を正当化するためにこれまで継続して主張してきた詭弁だ。

 このような話をこの地で耳にするなど、この上なく荒唐無稽だ。日帝の植民統治は韓国民の血と汗を搾取した。それだけでなく、韓国を日帝の附属品として挟み込むことで、国民国家レベルの完全な自生的近代化の道を捻ってしまった。

民族を分け、凄惨な民族同士の戦いである韓国戦争や60年にわたる分断の種をまいたのも、日帝の韓国強占だ。問題の発言をした張本人も、このような簡単な歴史的事実を分からないはずはないだろう。



歴史観を捻じ曲げているのはどちらであろうか?

細かいことは拙サイト
http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/koreatext4.html
http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/kindaika.html
http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/syuudatsu.html
を見て欲しいが…

…残念ながら、朝鮮半島には自主的に近代化を行う要素は無かったのである。

李氏朝鮮末期に、国力を向上させることを全く考えず、保身にのみ専念し、陰謀と裏切りの果てに国際的信用を無くして国を失ったのが誰であったかを考えてみれば分かることである。

ただ、韓国の側に立ってみると、朝鮮半島の「近代」は常に「日本」とともあった。

本来は日本と協力したという「親日派」に関しても、当時の朝鮮人が生きていく上で当然の選択で有り、これもまた正当に評価すべき部分であるはずだ。
韓国人が自慢したい「独立軍」が「近代」に、あるいは朝鮮人自身の生活に寄与した部分が少しでもあったと言うのだろうか?

しかし、それだと「韓国人」自身の主体性を歴史に見いだすことは難しくなるし、「民族」としてまとまる求心力を求めにくい。

そこで、「日帝」を全否定しているに過ぎないのでは無かろうか。

ところで少し古いネタであるがこういう事もあった。




(daum2月18日)
http://feature.media.daum.net/politics/article00636.shtm?_right_special=R2

与党 議員, 日本 法 そのまま 引き写して 法案 発議
ヨルリンウリ 真心号 議員, 個人情報保護法案 日本法 盗作

たいてい 国会議員が 日本 法 内容を 半分 以上 そのまま 引き写した ので 18仕事 確認された.
ヨルリンウリだ 真心号 議員が 1仕事 発意した ‘個人情報保護法案’ 内容の 半分 以上が 去年 10月 制定された 日本の ‘個人情報の 保護に 関する 法律(個人情報の保護に?する法律)’ 内容を 事実上 そのまま 翻訳した 内容なのが 明かされた の. これ ような 事実は メディア次が 情 議員の 法案を 手に入れて 分析した 結果 現われた.

中略

また 日本 法で 言及された 条項 番号まで そのまま 移して来た せいに 実際では 無茶な 条項を 指示する 場合も あった.



実は法律や経済など社会科学の面では、韓国は日本の資産に決定的に依存していたりする。

本来は「日本」を認め、評価せざるを得ない。
しかし、「民族」のアイデンティティを揺るがすことになるので肯定的に評価できない。

この「ねじれ」を解く権利と義務はともに韓国人自身にある。


ダメなことの一切を日帝のせいにするな。

わずかに光る尊厳の放棄。

自民族の尊厳ぐらい自分で守れ。

ばかものよ。

*元ネタ:自分の感受性くらい

( ´H`)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日日問題と韓韓問題

私も今まで色々な文で少しずつ触れてきたと思うし、また、最近の朝日新聞謀略報道問題でも色々なサイトやブログで取り上げられていることではあるが…

いわゆる従軍慰安婦問題や謝罪と賠償の問題、などの「日韓問題」の多くは、実は、サヨクなどの反日日本人が、政治的目的で取り上げてきた「日日問題」という性格がある。

朝日謀略報道問題に関しては多くの人が知っているとは思うが
Irregular Expression
http://www.wafu.ne.jp/~gori/mt/
に詳細が載っているので、私はあまり触れない。

( ´H`)y-~~


…さて。zeong氏の日記でも取り上げられていたが、韓昇助氏が雑誌「正論」に書いた文が韓国で反響を呼んでいるらしい。


(中央日報3月4日) http://japanese.joins.com/html/2005/0304/20050304201711200.html

「日本の植民支配は祝福すべきこと」高麗大教授が寄稿文

市民団体「自由市民連帯」の共同代表であり高麗(コリョ)大名誉教授の韓昇助(ハン・スンジョ)氏(75)が、日本の月刊誌「正論」4月号に、「日本の植民地支配は不幸中の幸いで、むしろ祝福すべきこと」という要旨の寄稿文を載せ、波紋が広がっている。

「正論」は産経新聞が発行している雑誌。 今回の寄稿文は、韓教授が運営するインターネットサイト「賢明な少数のためのサイバー討論の場」(www.wisemid.org)に先月9日付で掲載された本人の文とほぼ同じ内容だ。

中略

一方、市民団体とネチズンらは韓教授の寄稿文について、「日本極右派の妄言が韓国の教授の口から出てくるとは信じられない」とし、一斉に非難した。



私も「正論」を買って読んでみたが、私の読んだ範囲では「日本の植民地支配は不幸中の幸いで、むしろ祝福すべきこと」という要旨とは言えないと思う。

重点が置かれているのは韓国国内の左派思想に対する批判だと思う。
韓国でも、いわゆる「親日派糾弾」には左派が保守層を攻撃する「韓韓問題」という性格が有る。

韓昇助氏もそういう韓国国内の問題に対して「韓国人の保守論客」として書いた文ではないかと私は思う。

ところで韓国ネチズンもこの件に関しては大きく反応し、NAVER掲示板などでも韓昇助氏への非難が多い。

この韓昇助氏の文も、また、それに対する韓国の「市民・ネチズン」の非難も含めて、日本側の保守人士が政治目的で利用するのは間違いないと思う。

問題点についてはzeong氏の日記に取り上げられていることに同感する。

これもまた一つの「日日問題」であり、「韓韓問題」であろう。


反日日本人や反日韓国人の妄言を支持しようなどとは微塵も思わないが…

新たな形のリアクションの底流にも、また、「日日問題」と「韓韓問題」という面があることも頭に置いておいた方が良いと思う。


( ´H`)y-~~


| | Comments (1) | TrackBack (0)

水野俊平氏

1月30日にも少し書いた水野俊平氏が韓国ネチズンの非難を浴びているという。


(中央日報3月3日) http://japanese.joins.com/html/2005/0303/20050303170602400.html

水野教授「愛情あっての韓国批判」

「韓国人の痛みを深く理解できなかった点を申し訳なく思います。しかし第2の祖国である韓国への愛情があってこそ批判もできるのです。日本の歴史歪曲を批判する本も書くつもりです」。

「反韓活動」波紋でネチズンの集中砲火を浴びている水野俊平氏(38、元全南大日文科教授)が口を開いた。 水野氏は先月末に記者と会い、その間の心境を語った。


おそらくは1月29日の日本テレビの討論番組「ジェネジャン」がネットを通じて韓国にも広まったので、その影響だと思う。

私は直接番組を視聴していないが、水野氏の著作から推して知ると「韓国人には耳の痛い忠告」という水準だったのでは無いかと思う。

ちなみに野平俊水名義の著作「韓国人の日本偽史」(小学館文庫)はNAVERなどの翻訳掲示板で韓国人が頻繁に話題にする内容をとりあげていたので、とても参考になった。

「韓国ネチズン」とは言っても高校生や徴兵前の学生が主であり、「耳の痛い忠告」を客観的に受け入れる余裕はあまり無いと思う。
特にNAVERなどの韓国人はバカがとても多いが、あれが韓国の標準だとは韓国人も思われたくは無いらしい。(笑)

…ただ、直接にNAVERで長年実際の韓国ネチズンと関わってきたkimuraお兄さんとして言えることは、コリアンジェノサイダー・nayukiには脚色はあるが、誇張は全く無い!

実際、あれに近いやりとりは
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も
あった。


…高校生と言えば、水野俊平氏の「韓国の若者を知りたい」(岩波ジュニア新書)によれば、韓国の高校生の勉強時間は異常に長いらしい。
早朝の補習から始まって、夜中まで補習があって、下校時間は深夜10時11時になるのだそうな。

学歴社会と言うこともあって受験戦争が厳しく、さらに徴兵の関係から大学入学後に休学し、兵役が終わった後に復学するので、男子の就職は30歳近くになるらしいし、結婚もそれに伴って遅いとのこと。

韓国の若者には日本にはない事情があるらしいし、勉強も結構だが、もう少し心に余裕があっても良いと思う。

( ´H`)y-~~


| | Comments (2) | TrackBack (0)

竹島と鬱陵島と記録文化

朝鮮日報に以下の記事が載った。


(朝鮮日報3月4日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/04/20050304000049.html

「独島は朝鮮領土」 日本が認めた書籍発見

 日本が1620年代と1880年代にも独島の領有権を主張したが、朝鮮領土であることを認めた内容が記述された日本発行の書籍が発見された。

中略

 大日本地名辞書には第3冊、434~435ページで「竹島」を別途の小題目で紹介し 、韓日間で独島領有権をめぐる争いが2回起きたが、その度、日本が朝鮮の領土であることを認めたという内容を盛り込んでいる。


細かいことは田中氏のサイトの「日本の実効支配」
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/5occupation.html

「安龍福密航事件」
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/3an.html
を読んで頂きたいが…


その記述の「竹島」って現在の鬱陵島のことですからっ!


残念!


「韓国人、記録文化が無い」斬りっ!

…また賞味期限切れのギャグをやってしまった。反省し謝罪したいが賠償はしない。


しかしこの韓国の「歴史学者」ってどういうレベルの人なんだろう?
まさか大学教授レベルの人が鬱陵島の帰属について江戸時代に争った事実についての史料が読めていないということは無いと思いたいが…

ところで、韓国の「史料」って李氏朝鮮時代には両班は漢文を基本としてハングルを蔑んでいたので、基本的にハングルの記録は少なくて大部分は漢文だと思うのだが、現在の韓国人に読めるのだろうか。
現在の韓国ではほとんどハングル専用となり、漢字は使わないそうだが韓国人は、こういう記録文化の断絶について無自覚すぎるのでは無いだろうか。

韓国の記録文化に関してこういう記事もあった。




(東亜日報3月3日)
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005030419838

[オピニオン]記録文化

ある地方都市が数年前、インドのムンバイ市に姉妹都市の締結を提案したことがあった。ムンバイ市からの回答は「すでにあなたたちと締結していているのにどういう話か」ということだった。ムンバイ市は関連記録を持っていたが、韓国側は何の記録も残しておらず、恥をかいたのだ。韓国には記録文化がないと嘆くが、正確に表現すれば、ないのではなく断絶されたというほうが正しい。

中略

朝鮮王朝実録は朝廷会議で王と官僚がどんな討論を行ったのか、一言も欠かさず生々しく伝えている。それ以来、記録文化の伝統が消えたのは植民地支配と6・25戦争(朝鮮戦争)の混乱のせいだ。その後、権威的な軍事独裁と不安な政治状況は統治史料にさえも、大きな空白をもたらした。



いや、先日の盧武鉉妄言や度重なる謝罪要求から見て、3歩歩いたら忘れる鳥頭なのは韓国人の習性だろう。


よく韓国人が言うデマに「日帝は20万巻の史書を焼いた」というのがあるが…日本が記録文化を無くしたというのは大嘘。

記録を大事にする習慣が李氏朝鮮時代には無かったらしい。

NAVER掲示板のyonaki11111氏の投稿
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_13&nid=42399&work=list&st=&sw=&cp=4
に「慣習調査報告書 朝鮮総総督府 1910」の引用が載っているが…

朝鮮ニ於イテハ商人ノ備フヘキ帳簿として慣習上一定セルモノナク又商人ハ必ス商業帳簿ヲ備フヘキモノトスル慣習ナシ。

って…それは困るだろう。


( ´H`)y-~~


| | Comments (2) | TrackBack (0)

韓国とベトナム

韓国の恋愛映画で「クラッシック」(日本ではラブストーリー)という映画がある。
恋愛映画としてはわりにいい映画で、とくにチョ・スンウが素朴な演技で良かったと思う。

現代の娘の世代の恋愛と、その母が若かった時代(つまり、軍事政権時代)の恋愛を描いた映画であるが、軍事政権時代の悲恋のエピソードとして、男がベトナム戦争に従軍するという場面がある。

実は韓国もベトナム戦争に参戦し、5000名ほどの戦死者を出している。

そして、韓国はベトナム戦争に関わったことでアメリカから多額の支援をとりつけた。
また、ベトナム特需による経済効果は莫大なものであったという。

朴政権下での「漢江の奇跡」の背景には、よく知られている日韓国交正常化以降の莫大な援助、支援の他にベトナム戦争特需もあった。


ところで、このベトナム戦争参戦に関わって以下のようなことがよく言われる。

以下、
ニューズウィーク日本版 2000年4月12日号
より。


http://210.160.208.40/search/20000412/wa_sug1.html

私の村は地獄になった
韓国軍がベトナムで行った残虐行為の
被害者たちが真実を語りはじめた

 今から33年前の1967年4月1日。グエン・バン・トイはびくびくしながら、ベトナム中部フーイェン省の水田で働いていた。
 当時、この地域では韓国軍が大規模な作戦を進めていた。韓国兵は農民を力ずくで追い立て、南ベトナム政権の支配下にあった沿岸部に無理やり移住させていた。

中略

 韓国軍がベトナムに派兵されていたのは1965~73年。こうした残虐行為のねらいは、ベトナム中部の3省(ビンディン、クアンガイ、フーイェン)から農民を移住させて人口を減らし、ベトコン(共産ゲリラ)の勢力伸張を阻止することにあったようだ。
 現地の自治体当局者によると、立ち退きを拒否した人々は、韓国軍の手で組織的に惨殺されたという。しかも犠牲者の多くは、老人や女性、子供だった。
 歴史の闇に葬り去られていた虐殺の事実に再び光が当てられたのは、勇気ある韓国人研究者、具秀ジョン(ク・スジョン)が行った調査のおかげだ。彼女は韓国軍による大量虐殺の詳細を記録したベトナム政府の文書を発見した。

中略

 地元が望んでいるのは、韓国政府の公的な釈明だ。たとえば韓国側から謝罪や罪を認める発言があれば、両国の絆はむしろ強まると、地元の人々は考えている。
 「韓国軍は、この地域にかつてない災厄をもたらした。犠牲者は銃を持てない老人や女性、子供たちだ」と、フーイェン省のある当局者は言う。「私たちが望んでいるのは、物質的な補償ではない。それよりも共感と友好の姿勢を示してほしい。犠牲者が過去を忘れられるように」


 韓国軍のために流された罪なきベトナム人の血の量を考えれば、なんとささやかな要求だろう。



以下、韓国の雑誌「ハンギョレ21」より。
(*NAVERの韓国人によれば、ハンギョレは「市民」側のマスコミとして、韓国では若い世代に支持されているとのこと。逆に朝鮮日報など老舗は若い世代にはあまり人気がないらしい)



http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm

ベトナム戦 24周年にして見た、私たちの恥部, ベトナム戦犯調査委のおぞましい記録

1965年 12月22日, 韓国軍作戦兵力 2個大隊がビンディンソン、クィニョン市に500余発もの大砲を撃ち込んだ後、“きれいに殺して, きれいに燃やして, きれいに破壊する”というスローガンの下、 捜索掃討作戦を繰広げた. 彼らはこの村で12歳以下の22人の子供, 22人の女性, 3名の妊産婦, 70歳以上 6名の老人を含む, 50余名を超える良民を虐殺した.



「漢江の奇跡」はベトナム人の犠牲の上に成り立ったとも言える。


( ´H`)y-~~

| | Comments (4) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~盧武鉉妄言の続き

3月1日に盧武鉉が放った妄言であるが、日本では今のところ、「韓国国内向けのポーズ」という受け止められ方をしているようである。
マスコミの論調も昔とはずいぶん異なるようだ。


(朝日新聞3月2日社説) http://www.asahi.com/paper/editorial20050302.html

■日韓関係――大統領演説への戸惑い

…大衆の人気に支えられて政権の座に就いた盧氏が、国民の間にくすぶる日本の歴史認識への批判を意識せざるを得ないことは分からぬではない。自国の歴史の見直しを政権の実績にしようとしているさなかの国内向けの演説でもあろう。

 しかし、「謝罪」を言い、「賠償」という言葉をいたずらに使うことには、日韓の将来を真剣に考える我々も戸惑う。…



あの朝日でさえ批判的な論調というのは逆に何かあったのではないかと気になってしまう。(笑)

また、産経新聞ソウル支局長で韓国に関して多くの著作がある黒田勝弘氏という方が居る。
この方と潘基文外交通商部長官との間で以下のようなやりとりがあったそうだ。



(東亜日報3月2日)
http://donga.com/fbin/output?f=todaynews&code=a__&n=200503020188&main=1

バン・ギムン長官日本記者と舌戦

バン・ギムン外交通商部長官と日本産経新聞ソウル支社長である黒田がスヒで記者が 2日外交部の内外信定例ブリーフィング時間に ‘韓日関係’をおいて不満を抱く舌戦をした.

半分長官はこの日櫓大統領の 3.1節 ‘日本の謝りの後賠償’ 発言と係わって “(発言に対する)後続措置をどうして行くか具体的な日程を協議中”と明らかにした後 “限りであるすぎ去った事糾明次元で外交政府字間解決方案を論議する必要がある”と説明した.

引き継いで ‘賠償’ 発言に対して具体的に “遺族の悲しみを治癒するためにはすぎ去った事清算過程で日本の責任意識と誠意ある措置が必要だという意味”と付け加えた.

黒田記者の質問はこの時から始まった.

黒田記者は先に “櫓大統領が日本の謝りを要求したが, その間たくさんしたのないか.加えなさいというのなのか, 謝りが不足だか”と物言いをつけるように問った.

ここに半分長官は “日本は 95年, 98年, 2003年 3回にわたってそれぞれ謝り及び残念を表明したが, 以後にも日本政治家たちの無責任な発言が多かった”と “ここに私たち国民は日本が真正な謝りと反省をしていないという認識を持っているので, このために大統領も重ねて謝りと反省が必要だということを強調したこと”とマッバッアチョッダ.

黒田記者は直ちに “日本国民が見る時韓国大統領と政権が変わる度に謝りなさいと言うのに, これが正常な外交なのか, または正常な国家なのかウィムンスロブダ”とひねて問った.



…日本側ではまだ記事になっていないみたいだが、一言、こう言いたかったので長めに引用した。

黒田勝弘!!GJ!!


( ^H^ )y-~~


| | Comments (1) | TrackBack (0)

3.1独立運動

予想通りやってくれたよ韓国盧武鉉


(朝鮮日報3月1日) http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/01/20050301000012.html

盧大統領「日本は賠償することがあれば賠償すべき」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は1日、韓日両国の過去史問題と関連し、「過去の真実を究明し、(日本は)心から謝罪し、賠償することがあれば賠償し、和解すべき」とし、「それが全世界が行なう過去史清算の普遍的な方式」と強調した。



賠償すべき事なんか無いから賠償しない。

終了。


ところで独立運動の話である。

過去に私が書いた文は以下を見て欲しい。

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/koreatext7.html

この文にも引用してあるが、韓国国定中学校国史教科書によれば


ついに1919年3月1日、挙族的な独立運動が起こった。まず、33人の民族指導者たちは独立宣言書を発表し、これとともにソウル鐘路のタプコル公園には学生と市民が集まり、独立宣言書を朗読した後、太極旗をもち、独立万歳を叫んで示威行為を展開した。

しかし日帝の警察と軍隊は平和的な方法で独立万歳を唱え示威をする人々に対して銃剣できびしい弾圧を行った。柳寛順の殉国、華城郡堤岩里住民に対する無差別虐殺など各地で弾圧による死傷者が2万名となり、監獄に入れられた人だけでも5万名にもなった。


とあるが、死傷者に関しては、「実数ヲ知ルコト困難」と断りつきではあるが、総督府の資料では死者553人、負傷者1409人。憲兵・警察官の死者8人、負傷者158人である。

なお、これに関してはアジア歴史資料センター(レファレンスコード:A04017275800)「単行書・八年陸乙七一・朝鮮騒擾経過概要」で見ることが出来る。

一方、死傷者が2万名などという馬鹿げた数字の根拠は朴殷植「朝鮮独立運動の血史」を元にした物である。
これらは当時、上海で新聞記事や伝聞を元にでっちあげた数字である。


柳寛順とは独立運動に殉じた朝鮮人少女として韓国では広く知られているが、彼女についても以下のような記事が出たことがある。



(中央日報:2002年2月26日)
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20020226212152400

「柳寛順への日本の蛮行、誇張多い」

「柳寛順(ユ・クァンスン)烈士について誤って理解されている点を正してみたかったのです」。この4年間、柳寛順研究に没頭してきた郷土史家の任明淳(イム・ミョンスン、55、忠清南道天安市社稷洞)さん。

天安(チョンアン)大にある柳寛順研究所の客員研究員でもある任さんは「柳寛順に関連した内容が、1945年8月15日の解放以後、植民地時代に日本が行った蛮行を糾弾するという意味合いから、誇張され過ぎてしまった感がある」と主張する。

中略

任さんは「柳寛順への盲目的な思い込みから、こうしたいい加減な事実が広まり、子供向けの伝記にまで掲載された」とし、「今は、冷静になって史実を確認すべきだ」と話した。



堤岩里教会事件も日帝による虐殺事件として知られてはいるが、

教科書が教えない歴史
http://www.jiyuu-shikan.org/index.html


http://www.jiyuu-shikan.org/faq/chousen/3.1.html
によれば




まず3月28日沙江の警察官駐在所が襲われ、巡査部長が殺害されました。又日本人家屋が放火され、類焼した家屋を含め、10戸が焼失しました。

翌29日には別の駐在所、面事務所、郵便所、内地人家屋11戸が襲われ、戸障子、器物が破壊されました。このような事が連日続き、それに対する警察の取り調べも又、日ごとに厳しくなっていたのです。

4月13日有田中尉がこの地区に派遣されました。彼はこの騒動の根元が、堤岩里の天道教徒・キリスト教徒にあることを聞き、その取り調べに部下11人、巡査2人を連れ堤岩里に向かいました。

彼らを教会に集め、取り調べを始めた時、一人が逃亡しようとしたので、それを阻止しようとしたところ、他の人達が木ぎれ、腰掛け等を持って打ちかかってきました。そこで一人を切り捨て、門外に逃れ、殆ど全員を射殺しました。この混乱中隣家より出火し、暴風のため教会に類焼し、20余戸を焼失するに至ったと報告されています。

有田中尉は行き過ぎがあったと厳重な処分を受けています。


とある。

*上記内容については今後、裏を取りたいと思う。

とにかく、「独立運動」に関しては韓国側の「歴史」と称するものは願望に基づく「物語」的な要素が特に強く、慎重に調査していきたいと思う。

( ´H`)y-~~


| | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »