« ( ´H`)y-~~在日って何? | Main | ( ´H`)y-~~白楽天 »

( ´H`)y-~~安龍福

安龍福である。
韓国通には竹島(takeshima)関連で知られている不法入国者である。

kimuraお兄さんも過去に

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/takeshima-3.html

で書いたが、ここに再掲してみよう。


竹島問題の考察:歴史的経緯(安龍福関連)

以下、
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2800/takeshima/
より。



(隠岐)

安龍福とは何者かというと、要するに日本の領土に不法侵入した犯罪者です。

初めに日本に拿捕されたのは1693年のことです。
翌年に日本と朝鮮の間で鬱陵島(鬱陵島)の領有権が問題となりますが、このときに朝鮮側は「世宗実録」「東国輿地勝覧」の記述に于山、武陵二島、在縣正東海中、二島相去不遠、風日清明、則可望見」「風日清明、則峯頭樹木及山根沙渚、歴々可見とあるのを「朝鮮本土から鬱陵島(鬱陵島)(鬱陵島)が見える証拠」と言っていますが、現在の韓国は同じ記述を「鬱陵島(鬱陵島)から竹島が見える証拠」と言い張っています。

---------------------------------------

朝鮮国礼曹参判李番、奉復日本国対馬大守平公閣下、槎使鼎来、恵□随至、良用慰荷弊邦江原道蔚珍県有属島、名曰蔚陵、在本県東海中、而風濤危険、船路無便、故中年移其民空其地、而時遣公差往来捜検矣、本当峰巒樹木、自陸地歴々望見、而凡其山川紆曲、地形濶狭、民居遺址、土物所産、<<倶戴於我国輿地勝覧書>>、歴代相伝、事跡昭然、今者我国辺海漁氓往其島、而不意貴国之人自為犯越、与之相値、反拘執二氓、転到江戸、幸蒙貴国大名明察事情、優加資此、可見交隣之情於尋常、欽□高義、感激何事、然雖我氓漁採之地、本是蔚陵島、而以其産竹、或称竹島、此之一島而二名也、一島二名之状、非徒我国書籍之所記、貴州人亦皆知之、而今此来書中、乃以竹島為貴国地方欲令我国禁止漁船更往、而不論貴国人侵渉我境、拘執我氓之夫、豈不有欠於誠信之道乎、深望将此辞意転報東武、申飭貴国辺海之人、無令往来蔚陵島、更致事端惹起、其於相好之誼不勝幸甚、佳領謝、薄物侑緘、統惟照亮、不宣 甲戌年九月(『粛宗実録』20年8月13日/『通航一覧』巻137)

---------------------------------------

こういうのを日本では「矛盾」と言いますが、韓国人は気にしないようです(苦笑)

そして、外交の結果、幕府は1696年に鬱陵島(鬱陵島)への渡海禁止令を出しましたが、「松島」(現在の「竹島(takeshima)」)については言及していません。

ところが、この1696年に性懲りもなく安龍福は再び不法侵入してきて話をややこしくします。

「粛宗実録」にも記述があり、韓国側がよく「証拠」と称して上げるのですが、内容がおかしい部分があります。

渠倡言欝島本我境、 倭人何敢越境侵犯、汝等可共縛之、仍進船頭大喝、倭言吾等本住松島、偶因漁採出来、今当還往本所、松島即子山島、此亦我國地、汝敢住此耶

鬱陵島(鬱陵島)は我が境域である。どうして越境侵犯するのか、縛り上げてしまうぞ」と、船の舳先に立って大喝すると、倭人はこう答えた。「吾が輩は本、松島に住んでおり、たまたま漁採の為に来ただけだ。今、丁度戻ろうとするところだ」。そこで安龍福は、「松島は即ち于山島だ。これもまた我が国だ、どうして住めるのだ」と言った。」

・竹島は無人島です。人は住めません。

また、別の記録の「辺例集要」では安龍福は于山島鬱陵島(鬱陵島)より頗る大きな島だったと言っていますが、これは明らかに隠岐島のことです。


…要するに、日本の領土への不法侵入の罪を問われるのを恐れた安龍福が出鱈目を言って言い逃れようとしたのですね。


…さて、上記のことをふまえて、朝鮮日報に載った記事を紹介。




(朝鮮日報5月17日9

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/17/20050517000002.html

独島を守った朝鮮の民間外交官・安龍福がドラマ化

 日本の独島(トクト)領有権の主張で未だ国民の怒りが収まらない中、EBSが一本の企画ドラマを制作する。6月20~23日、午後7時30分から放送される4部作のドラマ『独島将軍安龍福』(仮題)。

 子ども向けのこのドラマは約300年前、韓半島に住んでいる人々の関心の外にあった鬱陵島(ウルルンド)と独島(トクト)を厳然たる我が領土として守り抜いた民間外交官、安龍福(アン・ヨンボク)の生涯を扱っている。史学科教授の父親に付いて鬱陵島へ旅に出たヒョンジョン、ヒョンビンの兄妹が大きな洞窟に入りタイムトリップするのがドラマの始まり。



なんでいちいちお笑いネタにするかな?

4月12日に紹介したネタよりは電波度低いかと思ってみたら、何がタイムスリップか!何が独島将軍安龍福か!


韓国の日本侵略正当化の妄動に対しては、笑ってばかりも居られないが、こういう韓流ドラマも日本のテレビで紹介して欲しいものである。

( ´H`)y-~~

|

« ( ´H`)y-~~在日って何? | Main | ( ´H`)y-~~白楽天 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ( ´H`)y-~~安龍福:

« ( ´H`)y-~~在日って何? | Main | ( ´H`)y-~~白楽天 »