« (` H ´)y-~~でも、獅童は許さん。 | Main | ( ´H`)y-~~高麗茶碗 »

( ´H`)y-~~国際的仲間はずれ

「新しい歴史教科書をつくる会」が、海外マスコミに対して記者会見を行ったわけである。

さて。韓国マスコミの記事。



(中央日報5月12日)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63445&servcode=200§code=200

教科書立派なはずなのに採択率なぜ低調か

日本の「新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)」が日本駐在の外信記者たちに叩かれた。

中略

この日、記者会見はつくる会の「歴史歪曲」の試みが、当事者である韓国や中国はもちろん、国際社会から仲間はずれにされたことを立証する場となった。


ところが…

会見の模様は日本ではネットで見ることが出来る。

http://www.videonews.com/asx/fccj/051005_tsukurukai_300.asx 

また、西村氏によるレポートもある。

http://nishimura-voice.seesaa.net/article/3562678.html


(′o`)y- ~~…すぐにばれるウソを記事にするなよ。

…次の話題。


http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSS2D&office_id=021&article_id=0000106576§ion_id=100§ion_id2=268&menu_id=100

美が 北 一方攻撃の時は "アメリカの方" 31%-"北朝鮮の方" 47%

(::文化日報・KSOI世論調査::) 北朝鮮核問題による危機が高まっている中に,国内世論は米 お吸物による一方的軍事行動に対して強く反対する一貫された流れ を見せてくれている.

アメリカが韓国政府の同意なしに北朝鮮を爆撃する場合私たち政府が語 トッゲしなければならないのかという質問に対して‘アメリカの方に立たなければならない’と言う答が 31.2%に止めたことも注目されるが‘北朝鮮の方に立たなければならない’と言う答が 47.6%や出たことはおもしろい書き入れ時に分析される.家庭を前提に 一ちょっと極端的な質問に対して,軍事行動はどんな名分でも日 立つだめだという意見を強く表示したことに解釈される.



…そうですか。アメリカと北朝鮮となら北朝鮮の味方をしますか。


こういう連中の「仲間」にはなりたくないので、仲間はずれで結構。


( ´H`)y-~~

|

« (` H ´)y-~~でも、獅童は許さん。 | Main | ( ´H`)y-~~高麗茶碗 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ( ´H`)y-~~国際的仲間はずれ:

» 文明の衝突論からみた、あたらしい教科書問題 [罵愚と話そう「日本からの発言」@WebryBlog]
http://kimura-nobuo.cocolog-nifty.com/laboratory/2005/05/_y_ca64.htmlへのTBです。  結局、ここでも話題は歴史認識に帰ってしまうのですが、東アジアの近代を、どう評価するのかの話題ですね。西欧の近代がもつ侵略性を、視野にふくめるのか、無視するのかが、評価の分かれ道になる。アヘン戦争から話しはじめれば、日本と中国と朝鮮が、西欧の近代による侵略に、どう対応したのかの視点が得られて、そのわくぐみのなかでの日本の帝国主義や軍国主...... [Read More]

Tracked on May 13, 2005 03:01 AM

» つくる会の記者会見報道の違い。 [Storyteller]
教科書立派なはずなのに採択率なぜ低調か 日本の「新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)」が日本駐在の外信記者たちに叩かれた。 この日、つくる会がこれまでしてこなかった外信記者会見を要望した理由は「われわれが攻撃されるのは誤った韓国や中国の世論による」として反論するためだった。 この日つくる会は、自らの教科書で近・現代史部分64ページを英文翻訳し、配布するなど気を配ってみせた。 しかし彼らの期待はあっけなく崩れた。あるアメリカ人記者が、藤岡信勝つくる会副会長が書いたコラムを取... [Read More]

Tracked on May 13, 2005 11:14 AM

» 「新しい歴史教科書」の記者会見 [ikeday1な日々]
中学生用の歴史教科書検定が中国や韓国から非難されている。我が国の閣僚らが中韓の閣僚と会談する際にも必ずと言っていいほど話題になり、彼の国は必ず、「なんとかせい!」というのだが、相手にしてはいけない。なにしろ、彼らには歴史教科書は一つしかなく、言論の自由さえない(すくなくともその存在は希薄である)。そんな国から受ける批判は、批判とは言えず、むしろ外交関係にひびを入れようとしているとしか考えられない。このネタを元に外交関係を損なわせるのは、中国と韓国に責任がある。我々としては、喜ぶべきことで、こんな態度... [Read More]

Tracked on May 14, 2005 03:01 PM

« (` H ´)y-~~でも、獅童は許さん。 | Main | ( ´H`)y-~~高麗茶碗 »