« April 2005 | Main | June 2005 »

( ´H`)y-~~彼らの見た「大日本帝国」

僕の見た「大日本帝国」―教わらなかった歴史と出会う旅と言う本が、今、話題の本であるらしい。

アマゾンのレビューは以下のように書いている。


サハリン(樺太)、台湾、韓国、北朝鮮、中国東北部(旧満州)、ミクロネシア(旧南洋群島)……4年の年月を費やし、「日本統治時代の痕跡」を探して「大日本帝国」の統治下にあったアジア太平洋の各地を踏破した、70年生まれの新進気鋭によるかつてないノンフィクション。戦後60年間埋もれていた、あなたの知らないアジアの中のニッポンの姿がいま明らかになる! ニュートラルな視点で「過去と現在」を見つめる、みずみずしい旅人の感性と思考が、報道されない「反日と親日」の現状とアジアの人々の心を鮮やかに描き出す。反日で揺れる竹島ルポも収録。

kimuraお兄さんも書店で見て少し読んでみたが、なかなか面白そうだった。その時は持ち合わせが無かったので買えなかったけど、今度購入しよう。


ところで、本日の朝鮮日報文化面の記事より。


(朝鮮日報5月31日)

http://www.chosun.com/culture/news/200505/200505310025.html

日帝国主義アングルにつかまった朝鮮

去る 24日開かれた 2005 ‘今年のノンフィクション上’ 授賞式で, 対象(大賞) 受賞者は意外にも 29歳の若い人文学徒だった. 主人公は ‘朝鮮から来た写真はがき’(閔淫事)を書いたグォンヒョックフィソウル市文化財科学芸研究士. この本は 19世紀末から 20世紀初まで流行った ‘写真はがき’ 中で日帝が朝鮮を素材で作ったはがきたちに焦点を合わせた. 現在ソウル大人類学科大学院で数学中の権さんは 2003年 ‘写真はがきに去る近代紀行’ 展示を企てたりしたし, 研究のために今まで 1500余枚の写真はがきたちを収集した.

本に載せられた 300余枚の ‘写真はがき’たちは多彩だ. スゲチマをはいて外出する両班ヨインネ, 鏡の前に立っている寂しい表情の幼い芸者, 崇礼門・京城役・朝鮮総督府など ‘京城 8景’を成した建築物たちの昔の姿…. 今は消えてしまった私たち近代史の断面をおさめた貴重な史料だが, 植民地を眺める帝国の視線をそのまま再現しているという点でまた他の意味を持つ.

本は ‘写真自体’より ‘撮影者の目に盛られた権力の探求’に集中する. だから西洋帝国主義国々が作ったアフリカ原住民の写真と朝鮮人の姿を盛った日製の写真が一緒に比較される. 権さんは “西欧人たちは写真を通じて ‘劣等な非(非)西欧人’というバッター(他者)のイメージを作り出したし, 日本はこんな両極端的視線を朝鮮と自国内少数民族にそのまま適用した”と言う.

権さんは “現在韓国の象徴で立てられた観光記念品たちのイメージが当時はがきたちの姿とあまりにも似ている”と言う. 日本によって作られた ‘朝鮮を向けた視線’が強い生命力を持って相変らず威力をふるっているというのだ.




( ´H`)y-~~あー。当時の「内地」の絵はがきと比べて見たらどうだろうね。

なにがなんでも日帝の悪口を言わないと気が済まないらしい。

結局、韓国人に「劣等感」を感じさせる「日帝」ってのは彼ら自身の内側にあるものなんだよね。
韓国人がそういう視点から見る限り、歴史認識の共有なんか無理だとkimuraお兄さんは思う。


( ´H`)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~塩

さて、最近、またかなりスランプなので、キムチネタを簡単に紹介しよう。

韓国紙、朝鮮日報社会面のくらしの知恵袋には、生活に役立つ豆知識が一杯詰まっている。


(朝鮮日報5月30日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/30/20050530000014.html

コーヒーの苦さを調整する時は

コーヒーの苦さを調整したい時は、コーヒーを入れる時、塩を少々入れる。


すいかやトマトに塩をかけるようなものか。(kimuraお兄さんは塩をかけないけど)

ところで、コーヒーと言えば、昔々、併合前の朝鮮半島では、1898年に、国王父子が飲むコーヒーに毒が盛られるという毒殺未遂事件があった。
そのため、しばらく朝鮮半島ではコーヒーに悪いイメージがあったらしいが、現代ではアメリカ文化の影響か、よく飲まれている。

「猟奇的な彼女」でもコピを注文する場面があったのは記憶に新しい。


…塩で思い出したが、くらしの知恵袋には、以前にこういう知恵もあった。


(朝鮮日報1月12日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/01/12/20050112000007.html

雑草対策には塩が一番



庭に塩をまいておけば、雑草の根まで枯らせることができる。



…昔々、ローマがカルタゴを滅ぼしたときに、塩を撒いて、二度と復興できないようにしたという伝説がある。


ところでもう一つ。
東亜日報より。


(東亜日報5月30日)

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005053091608

[オピニオン]「被害者日本」

欧州留学時代、当地の人々と話して理解ができないことがあった。1970年代だったので、知識人社会がほとんど進歩的左翼一色であり、反帝国主義運動が絶頂だった時なので、韓日関係について欧州知識人たちは当然、植民地主義の被害者である韓国の味方であると考えたが、意外にも反応は常にさめたものだった。欧州の人々にとって、日本は第2次世界大戦の戦犯であるよりも、「覇権勢力米国」が行なった原爆実験の被害者としてより強く認識されたためだということが、かなり後になって分かった。

◆当時見たアラン・レネ監督の『24時間の情事』という映画もそうだった。話のあらすじは、ドイツ軍占領下でドイツ兵と愛し合った罪で集団リンチにあったフランス女性が、数十年後に広島で日本人男性と会い、互いが鏡となって傷を確認し合う内容だ。反逆者に対する集団リンチや広島への原爆投下が、西欧社会の集団無意識の中に罪の意識として深く入り込んでいることを暗示していたが、私は理解することができなかった。私には、日本が加害者としてしっかりと内面化されていたため、他の可能性を想像することが難しかったのだ。

◆日本は広島と長崎市が主体になって、この約20年間、米国をはじめ全世界に対して「原爆と戦争」反対運動を積極的に行ない、2020年までにすべての原爆を排除するという平和運動をしながら、支持勢力を幅広く糾合している。人類の歴史上初の原爆被害者が掲げているそのような平和のメッセージを、誰が拒否することができようか。

◆このような運動を通じて、日本は自らを植民の加害者ではなく、無惨な戦争被害者にイメージを固めるのに成功したように見える。そうであるからこそ、終戦60周年を迎えて天皇自らが、サイパンで日本戦没将兵を追悼する行事を全世界の注目を集めたなか、堂々と行おうというのではないだろうか。韓国と中国は、自己中心的に問題を見て接近したために、日本との歴史戦争でも押されているのではないかと心配される。

朴明珍(パク・ミョンジン)客員論説委員(ソウル大学教授・言論学)
mjinpark@snu.ac.kr



論評する価値の無い文であるが、削除された場合に備えて全文を引用しておく。

ところで、カルタゴの塩に似た話だが、朝鮮戦争停戦の際に軍事境界線付近に放射性物質のベルト地帯を作るという案があったという。
今度、朝鮮戦争再開の時には是非とも実現して頂きたい。


( ´H`)y-~~

| | Comments (3) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~デジャビュ


(朝鮮日報5月28日)

http://www.chosun.com/national/news/200505/200505280089.html

"親日行績朴正煕大統領に有罪を宣告します"

“過去親日行績をした朴正煕前大統領に有罪を宣告します” 28日高麗大 4.18 記念館講堂で全国の大学生 70人余りが参加した中に親日派真相糾明のための大学生民間法廷が開かれた.

統一連帯ハンサングヨル常任代表と民主労動党ユ・センヒ最高委員がジャッジで参加したこの日法廷で大学生検事団と弁護団は朴正煕前大統領の過去親日行績を置いてお互いに熱っぽい攻防をした.

検事団は公訴状で “朴前大統領は日帝強制占領期間日本軍に自発的に入隊して軍官で独立軍討伐に出たし光復後には屈辱的な韓日協定ですぎ去った事に洗うことができない恥辱を残した”と主張した.

これに対立して大学生弁護団は “朴前大統領が日本軍にあったという理由だけで親日派で断定するのは難しくて集権後近代化と眩しい経済を成しただけ球とは明確に仕分けされなければならない”と駁した.

検事及び弁護団は 1時間以上攻防をしたが裁判府は “日帝強制占領期間時代日製施策に積極協力して光復の後恥辱的な韓日協定ですぎ去った事清算機会が消えただけ朴前大統領の有罪が認められる”と検事団の手をあげてやった.



まぁ、このキチガイじみた裁判とやらについては、たぶんあちこちが取り上げるだろうけどさ、なんか、似たような事があったよね。

裁判ごっこが好きな人っているもんだ。(笑)

( ´H`)y-~~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

( ゚ H ゚ )y-~~ネタか?ネタなのか?

韓国の場合、時々、マジなのかネタなのか判断が付きにくい事がある。

2ちゃんねるで知ったネタだが…


http://www.breaknews.com/new/sub_read.html?uid=19069§ion=section14

日本人たちの韓国帰化を歓迎する

日本民主党これと区だのデツヒト衆院の書面質のに対する日本法務省返事によれば, 現在大韓民国地である独島に本籍を移した日本人は 26人だと言う.

中略

無欠な精神を持った人や国家なら, 外国地に本籍を移すとかそれを容認しないだろう. それにもかかわらず日本人たちの中で一部が他人の国地である独島に自分の本籍を移したことは韓国人になりたい‘強烈な熱望’のためではないか見当がつく. そうではなくてはまったくこれらの盲動が納得にならないからだ.

中略

それにこのようになれば我が政府の悩み中の一つの低出産問題解決にも役に立つことで考えられる. 日本人たちがより多く本籍を韓国地に移して来ることを期待する



ひょっとしてそれはギャグで言っているのか?(AA略)


まぁ、普通に考えれば皮肉なのだろうが、韓国人の場合、大まじめで言いかねないから、区別がつかない。


昨日の朝生でも竹島(takeshima)のことが少し話題となり、勝谷誠彦氏は竹島(takeshima)に行ったとのこと。

http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=31174&log=20050528

韓国側からしか行けなかったというのは残念。是非、日本側から行って欲しかったと思うが、それも無理な話か。
先年の日本士道会の上陸計画も、韓国側の武力行使の恐れのため海上保安庁に阻止されたという。

日本国の領土であるにもかかわらず、韓国は勝手に不法占拠し、さらに、銃口を日本人に向けている…これは「戦争」じゃ無いのか?

( ´H`)y-~~

| | Comments (6) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~さよなら韓国♪

今日~韓国がまたまた~妄言を吐いたよ~(吐いた~~)


半島が統一する日も~近づいたんだよ~~♪


…また、思いついたことをそのまま推敲せずに書いたらこんなになってしまったわけだが、もう、少々ネタが寒くなっても気にしないことにしよう。

( ´H`)y-~~


さてさてさてさて。同じネタばかり続くのも何ではあるが…




(中央日報5月27日)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63938&servcode=200§code=200

6月の韓日首脳会談、予定通り開催できるか

ここしばらく落ちついていた韓日関係が荒れはじめている。

日本の谷内正太郎外務省事務次官の発言が導火線になった。外交部周辺では「ともすれば3月のときより深刻な局面を迎えるかもしれない」という憂慮さえ出ている。

中略

日本の無反応も対立を増幅させた主な要因だった。政府は谷内発言が出た当日をはじめ、各種外交経路を通じて日本側に釈明を要求したが、公式、非公式ともに答弁がなかった。この日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)と外交部スポークスマンが「分不相応だ」「黙過できない」「非常に不適切な発言」など外交慣例上、あまり使わないような用語を動員したことも、政府内の強硬な気流をうかがわせるという説明だ。

今後の関心の焦点は、韓日首脳会談が予定通りに開かれるかである。政府高位関係者は「首脳会談開催の可能性は半々」とし「日本側の誠意ある措置がなければ、開催は難しい状況」と話している。 すべては日本政府にかかっており、開催については日本の態度によるとしている。



(′o`)y- ~~そっちが誠意見せるのが先じゃん、みたいな。




(朝鮮日報5月27日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/27/20050527000004.html

【谷内事務次官の発言】政府、なぜ発言15日後の「強硬姿勢」?

 大統領府と外交通商部は26日、谷内次官の発言について異例の厳しい態度を示した。腑に落ちないのは、谷内次官が発言してから15日目にして、対応に乗り出したことだ。

 金晩洙(キム・マンス)大統領府スポークスマンは、同日の懸案点検会議が終わった後、予定になかったブリーフィング(状況説明)を自発的に行った。そして外交的に異例の発言を繰り出した。

 金スポークスマンの「韓米の信頼問題に言及するとは身の程知らずも甚だしい」という言葉も外交的に「こらしめてやる(金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の発言)」と同様な破格の言葉だ。

 「大統領の意志でなければ、スポークスマンがそのような発言をするのは無理」という見方もそこから来ている。



(′o`)y- ~~身の程知らずはどっちだ?アメリカからもたしなめられたのが通じてないのか?盧武鉉。


ま、お兄さんもこういう話題ばかりだと煮詰まるのでちょっと別の話題。

http://hwagaja2.exblog.jp/677367/
より、朝鮮日報韓国語版からの翻訳記事(5月26日)

もと記事は
http://www.chosun.com/national/news/200505/200505250180.html



大学生の28%性経験…ひと月に5回‘Make Love’

大学生らの10人のうち3人は性経験があり、彼らは出会って6ヶ月以内に初めての性関係を持ち、ひと月平均5回ほど愛を分かち合っていることが明らかになった。

中略

また、現在も継続的に会って性関係をもつ異性がいると答えた175人のうち、30人(17.1%)はパートナーが‘単純な性的パートナー(※訳注:セフレ?)’だとして、衝撃を与えた。



でも、実際の所、NAVERの韓国人とかを見る限りでは、やっぱり韓国人は


< `∀´>日本の性文化はおどろくべきですね~~ウリナラでは考えられませんね~~


と言うし、日本よりはずっと奥手だと思う。


ただまぁ、お兄さんは実はあまりこの手のことに目くじらたてようとは思わなかったりする。歴史をひもとけば性に厳しい時代もあれば、オープンな時代もあるわけで、この場合、むしろ、中途半端な知識や興味先行でやっちゃうことの弊害とかを考えた方がよさそう。

しかしながら、個人の幸せと社会の発展との両方を考えたとき、やはり、誠実な恋愛を通して周囲に祝福される結婚をして、堅実で幸せな家庭を築くというのが良いとは思うわけだ。

( THT)y-~~お兄さん個人は手遅れだけど。


しかし何だ…セフレっつうのもお兄さんは頭から否定しようとは思わないが、そういう単純な性的パートナーのことをだな、


「SF」と略するのだけは止めてくれよな!

(` H ´)y-~~


(´・ω・`)y-~~ところでお兄さん思うに「一月平均5回」なわけで、毎日猿のようにやりまくっている奴も居れば、遠距離恋愛で少ない機会に燃えるカップルも居るわけだと思うけど、お兄さん個人的には週に2回以上求められるのは辛いような気がしないでもない今日この頃。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~脱亜論ほか

柄谷行人というおじさんがいる。

Wikipediaの記述を引用すると


柄谷 行人(からたに こうじん、1941年8月6日 - )は、兵庫県尼崎市出身の文芸評論家、思想家である。本名は、柄谷 善男 (-よしお)。夏目漱石の研究により、『群像』誌の新人賞に応募し評論家としてデビュー。現代思想を中心に、文学、哲学、経済学、政治学、数学等、発言は多岐に渡る。雑誌「批評空間」を浅田彰と共に主宰。現代思想の輸入に努めた。阪神タイガースのファン。

とある。
お兄さんも名前ぐらいしか知らないが、…しかし、最近の若い衆はたぶん浅田彰だって知らないんだろうなぁ、と思うわけだが…現代思想界ではそれなりに名の通った人である。


以下、韓国マスコミ東亜日報の記事。



http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005052510348#

日本、120年前の軍国主義に回帰

日本近畿大学の柄谷行人(64、写真)教授は日本現代知性界のスターだ。

文学評論家から出発し、歴史・建築・哲学など全方向の文芸評論家に変身した柄谷行人は、「人文学界の村上春樹」と言われるほど、韓国の若い人文学者たちに影響を及ぼしている。非西欧人の周辺的な問題意識に西洋の近現代思想に対する深い洞察力を結びつけて、世界的普遍性を獲得する柄谷行人の思惟方式は西欧でも脚光を浴びている。24日、高麗(コリョ)大学100周年記念学術大会の文化分科で「東アジアの理想」という主題で講演した柄谷行人教授に会って、韓中日3国を襲っている民族主義問題に対する見解を聞いた。

柄谷行人教授は、第2次世界大戦の敗戦国であるドイツと日本が過去史に対して反省する姿勢に大きな差が出る理由を、近隣諸国と「共同体の拡大」という理想を維持したかどうかの差だと分析した。

ドイツは第2次大戦敗戦後「第3帝国」の夢を「欧州連合(EU)」の形で維持・発展させたのに対して、日本は敗戦後「大東亜共栄圏」をあきらめてアジアと断絶を追求したという分析だ。

中略

柄谷行人はこれを土台に「日本が過去に回帰しているが、それは軍国主義が起きた1930年代ではなく、近代国家の樹立初期である1880年代への回帰と考えなければならない」と主張した。

日本の1880年代は福沢諭吉(1835~1901)の脱亜論と岡倉天心(1862~1913)の「汎アジア論」の激しい戦いが起きた時期だったし、結局脱亜論が勝利し、西欧帝国主義の道を歩むことになったというのが彼の分析だ。

中略

しかし、現在の日本のそのような脱アジア的志向は、最初の脱亜論とは違って、第2次大戦の敗北で得た覚醒、すなわち「米国と対立せず、アジアの味方にならない」という意識の反映だというのだ。

「私は、日本の政治家らが、アジアの人々と仲良くしたいならば絶対に言わないはずのばかな言葉を繰り返すのをみるたびに頭に来た。それはアジア国家と関係を強固にしようとする日本の多くの努力を水泡に帰す行為だからだ。しかし、小泉純一郎首相の言動とそれに対する国民的人気を見て、このことを悟った。日本は60年前に帰らず、無意識的に120年前の歴史を繰り返している」。


大したことを言っているわけではないが、長々と引用させて頂いた。

さてさて。kimuraお兄さんとしては、
日本は敗戦後「大東亜共栄圏」をあきらめてアジアと断絶を追求したという分析

現在の日本のそのような脱アジア的志向は、最初の脱亜論とは違って、第2次大戦の敗北で得た覚醒、すなわち「米国と対立せず、アジアの味方にならない」という意識の反映
という見方には肯ける部分もあるが、根本的な間違いは、Samuel P. HuntingtonやArnold J. Toynbeeも書いていることであるが、そもそも日本は他の「アジア」と違い、独自の文明に属しているのであり、ヨーロッパ諸国のように同じ「西洋文明」に属している国家間の関係との比較はナンセンスだということである。

(´・ω・`)y-~~詳しく引用しようと思って、昔に購入したトインビーの本を探したが見つからなかった…ハンチントンもそうだが、トインビーも何十年も前に極東文明という表現でそう書いていたりする。

近代の超克は近代を推し進めた先にあるというよりも、日本の場合、近代以前の文明のあり方を肯定的且つ経験値的側面から分析するところにあるとkimuraお兄さんは思うわけである。

( ´H`)y-~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~信頼に値しない国

今日の韓国ネタ。

韓国マスコミらしからぬ、危機感に満ちた社説である。




(朝鮮日報5月25日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/25/20050525000078.html

「信頼できない韓国」を直視せよ

 日本外務省の谷内正太郎事務次官が、最近訪日した国会・国防委員らに「北朝鮮の核問題に関連し、米国と日本が情報を共有しているが、米国が韓国を信頼しないため、日本が得られる北朝鮮の核関連情報を韓国と共有することに躊躇している」と述べた。

中略

 政府はこれに対し、駐韓日本公使を呼び、「韓米関係と韓国政府の対北朝鮮政策に対し、誤解を招きかねない不適切な発言」と抗議した。

中略

 まず、はっきりさせるべき問題は、谷内事務次官の発言が事実ではない妄言なのか、さもなければ事実ではあるが、そこまで露骨に発言してもいいのかという問題か、という点だ。

 政府が谷内事務次官の発言に対し、その真偽のほどを明らかにするのではなく、「どうしてそんなことを言ったか」と責めるのは問題を解決しようとする姿勢ではない。

 韓米日の関係がここまできた根本的な理由は、この政権が設定した国政の方向にあるだけに、すぐに原因の治療はできないだろう。



んー。「その真偽のほどを明らかにするのではなく、「どうしてそんなことを言ったか」と責め」たのって、ひょっとしてさ、言われても仕方ないと薄々感づいていたからじゃない?


ま、いずれにせよ、韓国側の手詰まり感は否定できないのではないだろうか?

ところで、朝日新聞などを見ていても朝日新聞アジアネットワークなどで東アジア共同体の話がよく出てくるわけだが、それ、本当に日本にとって必要なのだろうか?

http://www.asahi.com/international/aan/index.html

共同体を作るとしても、単に近いからと言うだけでなく、日本にとって、また、相手国にとってのメリットを考慮していくべきであろう。

実はお兄さんは、「日本は中国や韓国と協調しなければならない、何が何でも東アジア共同体を作らなければならない」、というわけでは無いと考えている。

日本には他の選択肢もある。

…そう突き放したとき、中国や韓国に切ることの出来るカードはあるのだろうか。


( ´H`)y-~~

| | Comments (6) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~「天皇」で合ってるぞ。

昔々、尹奉吉というテロリストが上海で爆弾テロを起こした。

詳しくはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/にあるが、尹奉吉は、1932年の天長節に、虹口公園で行われた祝賀式典会場で爆弾テロを起こし、陸軍大将白川義則、上海日本人居留民団行政委員長河端貞次を爆殺した。重光葵らも重傷を負った。後年、ミズーリ艦上で行われた降伏文書調印のときも重光葵(このとき外相)は後遺症で杖をついていたというのは有名な話である。

ところで半島ニュース


(朝鮮日報5月24日)

http://www.chosun.com/national/news/200505/200505240093.html

"尹奉吉義士が天皇に爆弾を投げたと?"
KBS '挑戦ゴールデンベル' でたらめ問題出題謝り騷動

KBS 1TV ’挑戦ゴールデンベル’で誤った問題が出題されて視聴者たちの抗議を受けて製作陣が謝る騷動をもたらした.

22日午後 7時放送された容認高便で進行者である金補民アナ運では遺書の一書き入れ時を聞かせた後 “旧恨言った独立運動家がお子さんに残した言葉です. この人は 1923年傷害で日本天皇をとり除くために爆弾を投擲する巨事を敢行しました. 誰でしょうか?”と問った.

36番(回)に出題されたこの問題の答は尹奉吉. しかし放送が出るやいなや “1923年ではなく 1932年だ”(荒政優・西経陣・呉希薄), “天皇(日王)に爆弾を投擲した人物はイ・ボンチャンだ”(柳亭県・シンミョングソブ) などの指摘が視聴者インターネット掲示板に続いた.

掲示板運営者はこの日午後 7時 58分(修正 8時 50分)に “1923年ではなく 1932年が迎える”と訂正しながら謝ったが, 問題専門紹介では “天皇をとり除くため”というところを漏らしたまま “この人は 1932年傷害で爆弾を投擲する巨事を敢行した”とあげて他の過ちは隠蔽しようとする疑惑まで買った.

製作陣は 23日午後 6時 56分また文を書いて “△巨事は 1932年が迎えて △天皇をとり除くために投擲したのではなく日王誕生日宴会に高位関係者らを狙った巨事だったし △天皇という表現も日王だと言うべきだ”と直して謝った.


なお、イ・ボンチャン(李奉昌)は1932年に昭和天皇殺害を目論んで手榴弾を投げつけて、死刑にされたテロリスト。

この問題のそもそもの間違いはテロリストを崇めているところなわけである。(笑)

あと、「天皇」は「天皇」で合ってるから。


ほかのニュース。

5月22日に東京の青山霊園にある金玉均の墓地が強制移転の危機というニュースがあったが、その続報。



http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/24/20050524000004.html

駐日韓国大使館、金玉均の墓地管理費を代納

 駐日韓国大使館は23日、日本・東京の青山霊園にある朝鮮末期の開化派の指導者、金玉均(キム・オッキュン/1851-1894)の墓地が強制撤去されるのを避けるため、墓地管理費を代納することを決めたと明らかにした。現在、金玉均の墓の前には、5年以上管理費を滞納している無縁仏とみなし撤去を通告する立看板が立てられていた。

中略

 これに対し、東京都関係者は「まだ韓国大使館の公式通知は受けておらず、墓地に歴史的価値があるため、移転埋葬したとしても原型はできるだけ保存する方針だ」と語った。


…突っ込みどころは多々ある。

先日の朝鮮日報(5月22日)の記事、

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/22/20050522000047.html

では、


 金玉均研究に一生を捧げて来た在日史学者の琴秉洞(クム・ビョンドン/77、元・朝鮮大学校教授)さんは、東京都の墓地撤去方針に対し、「金玉均は誰が何と言っても朝鮮近代化の先駆者」とし、「あまりにも無慈悲で冷酷な仕打ちに怒りを禁じ得ない」と話した。

ってあるわけだが…


そもそも、管理費滞納っつうか、ほとんど忘れておいて、今になって何が「無慈悲」か!無慈悲なのは貴様らだろうがッ!ボケ!


それに、歴史的価値があるため、移転埋葬したとしても原型はできるだけ保存する方針と言ってるじゃん。


貴様らの場合、原型をとどめないぐらいに歪曲する場合が多々あるだろ!


…二つの記事に共通して言えることだが、いい加減な歴史知識で日本を非難しようとするのは止めて頂きたい。

5月23日の産経新聞でも取り上げられていたように、靖国神社にある秀吉軍撃退の碑についても、いい加減な知識で反日利用しようとしていたふしがある。

http://www.sankei.co.jp/databox/n_korea/nkorea_13_1.htm


*「靖国神社にある秀吉軍撃退の碑」については、以下を参照して欲しい。

http://www4.diary.ne.jp/user/473099/

http://dreamtale.ameblo.jp/


しかし何だ…こうしてネット上の歴史愛好家や専門家が個人レベルで中国韓国の歴史歪曲に対応しているわけだが、公的なレベルで何とかならんものか?

何度も何度も繰り返し強調したいが、「政治的」配慮など有害で不要。真実を伝えることが真の友好だと思う。


( ´H`)y-~~


| | Comments (3) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~盗んだ車で走り出す~行き先もわからぬまま~♪

韓国愛好家の間では「いい加減にしろ韓国」の著者として知られている豊田有恒氏は、SF作家なのだが、最近はあまりその肩書きで言われることは少なくなったような気がする。
宇宙戦艦ヤマトの初期の原案に関わったり、タイムパトロールものを書いたりしていてSFマニアにはとても有名だ。
タイムパトロールと言えば、ポール・アンダースンであるが、豊田有恒にもポール・アンダースンの作品「タイムパトロール」の登場人物ヴィンス・エベレットが出てくる作品がある。お兄さんの好みは、クリフォード・D・シマックという作家だったりするのでkimuraお兄さんはそれほどたくさん読んでいない。この、クリフォード・D・シマックはアイザック・アシモフよりも古くから書いている人で、アシモフの文体にも影響を与えたという。「中継ステーション」などは名作だと思うのだが、何故か映像化されたという話を聞かない。もっとマニアックなP・K・ディック作品がやたらと映像化されているのに、変なものだ。
そういえば、先年、ソラリスがハリウッドでリメイクされていたが、あんなドラマ部分クローズアップしてどうするよ?タルコフスキーの時代には出来なかったSFXを使ってなんぼだろ?タルコフスキーに及ばないのは仕方ないとして、あれは無いと思うな。…


えーと、何の話だっけ?…そうそう、豊田有恒氏の「いい加減にしろ韓国」の話だった。
豊田有恒氏が韓国と関わるきっかけもSFで時間ものを扱ったときに古代史と関わり、その縁で半島の歴史などとも関わったそうであるが、「いい加減にしろ韓国」のなかでも触れているように、韓国の自動車についても興味があって、現代車のポニーが気に入られていたとのこと。
kimuraお兄さんのパパは車の修理とかをしていたけど、ボクは微塵も車に興味が無いから、車のことはよくは分からないが、当時の韓国車にはそれなりの魅力があったらしい。


で、韓国ニュース。


http://www.chosun.com/national/news/200505/200505230184.html

盗んだ乗用車駆って道路疾走不敵な小学生
"インターネット車競走ゲーム真似って運転"

小学校 3年生学生が鍵がささったまま立てられていた乗用車を盗んで乗って道路を疾走して事故を起こして警察調査を受けた後親に引き継ぎされた.

中略

B軍は自分が住む某アパート駐車場まで約 1� ほど車を駆って行ってパーキングしておいた後翌日午後 2時頃学校を終えて帰って来て友達 3人を乗せてまた空港新都市一帯を歩き回った.

中略

B軍は警察で “インターネットで人気を呼んでいる車競走ゲームどおり運転をして見たら本気に運転になった”と言った.



やっぱ、韓国でも「識者」とかが「ゲーム感覚の犯罪」だとかいう毒にも薬にもならないコメントをしたりするのだろうか?

これは、韓国の児童の間にも、韓国社会が「暗い夜の帳りの中へ」行きつつあるという感覚が浸透していることを象徴しているのではないかと考えてしまうのはお兄さんの思い過ごしだろうか?(←いくらなんでもそれは絶対に思い過ごし)

( ´H`)y-~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~韓国人もたまには裏を取ろうとするらしい

4月25日に( ´H`)y-~~ドイツと韓国 という記事を書いたが、その件で追加情報。


okbニュース

http://www.dkbnews.com/bbs/view.php?id=headlinenews&no=4661

ドイツ 3リュシンムン誤役, チョン・ニョオクの '誤認射撃'

櫓大統領 '豪華防毒(訪独)' 是非
"ホテルに化粧する部屋別に作って, かばん 80個に海の幸山の幸..."

ドイツ 3類新聞誤役 'キラー', チョン・ニョオクの '五である射撃'
'キラー'もたまに間違いをする.ハンナラ党の '狙い撃ち数' チョン・ニョオク代弁人が最近 'ノ・ムヒョン殺し'に出てから間違いをやらかした.
攻撃の言葉尻になった一ドイツ油生の文がドイツ現地マスコミ報道を過ち翻訳したこと.単純なハプニングか, 意図された陰湿な攻撃か.
オムサングヒョン新東亜記者 gangpen@donga.com

中略

しかし新聞記事原文を捜してみた結果この留学生の翻訳では少なくない誤役が発見された.

中略

直訳すれば '65人の記者外に 80人の代表団を同行した.そこには '櫓大統領の食事' 材料をトランクに盛って来た板前も含まれている.ホテル側はその板前がスープ(お吸物) 位を沸かすようにキッチンのレなのか一つを提供した'と言う意味だ.
そのどこにも '海の幸山の幸'というものをない.料理材料を意味する ' die Zutaten'という単語が海の幸山の幸に誤役されたし, ホテルがキッチンのレなのか一つを提供したのが別途の台所を準備したことで拡大解釈されたのだ.

中略

インターコンチネンタルホテル側は "櫓大統領のために別途の工事をするとか, 特別に準備したことはない"と "その以上は個人プライバシーだから確認してくれることができない"と言った.

一方再読韓人たちは 'ビルトフランクフルト'に対して内容が非常に粗悪で刺激的な, タブロイド判地域新聞でドイツの有名大衆紙である 'ビルト'とは比べることができない位落ちる 3類媒体で評価した.ある留学生は "事実関係が疑わしい記事を持って論難が起って, 野党の代弁人まで出て悪用することを見たらあっけない"と切ながった.


すわ、お兄さん、誤報か?…と思ったら、結局、程度の差じゃん。

だいたい、ドイツでそう言う記事を書かれたりするような受け止められ方をしていたって事だし。盧武鉉君の人徳の問題ってのは有るんじゃないかな?

それに、内容が非常に粗悪で刺激的な, タブロイド判地域新聞って…


韓国に都合が良い反日記事ならソースの確認もせず、嬉々として引用するんだろ。

(` H ´)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~援助?

2ちゃんで教えてもらったネタで何だが…

韓国の学生が留学生活の生活費援助をもとめてあちこちに手紙を送ったらしい。


(中央日報5月20日)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63708&servcode=400§code=420

【ピープル】「私に投資してください」KAIST女子学生が生活費要請の手紙

米国留学を控えている韓国科学技術院(KAIST)2年生、崔玲銀(チェ・ヨンウン、19)さんが19日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領ら国内の著名人に留学生活費支援を要請する手紙を送った。

中略

崔さんは「学費は奨学金で解決したが、寮費、食費などの生活費(年間2000万ウォン)を用意するのが問題だ」とし「両親は何とかしてでも生活費をくれると言っているが、サラリーマンの父に『重荷を背負わせるようなので』勇気を出してこのような手紙を書きました」と述べた。


ま、さすがに韓国人の中にもまともな人はいるらしく、こういう論争もあったそうな。


http://kr.rd.yahoo.com/yknews/center/sokbo/thumb/*http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2005052112103363774&linkid=33&newssetid=470&nav=1

‘投資者を捜します’ VS ‘自ら努力しなさい’

(フロンティアタイムス李寿卿記者)="私を後援してくれる投資者を捜します."韓国科学技術院(KAIST)に在学中の女学生が国内各界著名人たちに自分の未来に投資してくれという手紙を送ったことに対してネチズンたちの論争がしばらくだ.

しかし催さんのお父さんが某大企業の部長であることで明かされながら多くの数のネチズンたちが ‘思慮深くない行動だ, バイトをしても自分の努力がまずされなければならない’と言うなどの反応を見せて非難の声を出している.


ちなみに崔玲銀さんはこんな子。


…昔々、kimuraお兄さんは、夜間の大学に入学して、寮に入り、授業料免除の申請をして、大学に通っている間、授業料を免除してもらい、アルバイトして生活していた。


…思い出したら、ちょっと腹が立ってきた。

(` H ´)y-~~

| | Comments (4) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~我が内なる廃墟の断章

タイトルはフィリップ・ホセ・ファーマーの短編より。
よほどのマニアでもないと知らないので説明は省略。

今日、たまたま本屋さんで週刊朝日を読んでいたら姜尚中氏の文が載っていた。
そのなかからちょっと気になったところを引用してみる。


(週刊朝日5月27日号)

春に逝ったオモニの肖像

故郷の土俗的な習俗や祭儀、祖先崇拝のシャーマニズムに対する母の神経症的なこだわりは、時にはわたしを閉口させた。我が家に春と秋に必ずやってくる下関の「ムーダン(巫女)」ー私はいつも「下関のおばさん」と呼んでいたーと、2、3人の「泣き女」たちの囃すドラや太鼓に合わせて母は一晩中踊り出し、出刃包丁で家族の厄よけの儀式を行うことがあった。家中の男たちは、片隅に追いやられ、神妙に端座して縮こまっているだけであった。そして思春期のわたしは憤怒と嫌悪、そして恐怖の入り交じった感情で身悶えしたことを憶えている。

何という常軌を逸した野蛮で迷信に囚われた世界だ。母たちの世界が「在日」であることの不名誉のしるしのように思えてならなかったのである。母たちの一世たちの黄泉のような世界から逃れたい。わたしはどこかでいつもそう思っていた。


前にも書いたような気がするが、韓国人朝鮮人の被差別感情の根本にあるものは、実は、自分たち自身の固有の文化に対するプライドの欠如なのではないかと思う。

当の「在日」たちにとってあるいは本国の朝鮮人韓国人にとって、土俗的な習俗や祭儀不名誉のしるしと感じさせてしまうものは何かというと、彼ら自身の内なる「日本」なのではないだろうか。

韓国人たちが憎む「日本」とは彼ら自身の内にあるものなのかも知れない。

姜尚中氏が最も憎み嫌う「日本人」がいると仮定すれば、それはたぶん永野鉄男であろう。

( ´H`)y-~~

| | Comments (6) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~3S政策

kimuraお兄さんが中学生だった頃、ある真面目な生徒指導の先生がいた。当時で50歳ぐらいだったと思う。
良い先生だったのだが、離任式の時、どうしても君たちに言い残したいことがある、といって…

「『3S』には気をつけて下さい。『3S』とは、セックス(Sex), スクリーン(Screen), スポーツ(Sports)の頭文字をとったもので、日本人をむしばむユダヤの陰謀なのです」

…と、ぶちまかしてくれた。
お兄さん以外はみんな普通の中学生なので、何のことか分からず目を点にしていたが、お兄さんだけは

(´・ω・`)y-~~あー。やっちゃったよー

と思ったのを今でもよく覚えている。

ま、3S政策というのが日本人弱体化を目論む進駐軍の陰謀だとか言う話はよく聞くが、浮世絵などの例を出すまでもなく、古代から現代まで続く、わが国の偉大なエロ文化が毛唐のエロ文化ごときに負けるわけは無いのである。


朝鮮日報のニュースより。


(朝鮮日報5月18日)

http://www.chosun.com/culture/news/200505/200505180195.html

MBC "全斗換政権の '3S 政策'を言う"

メージャーリーガーたちの活躍とワールドカップ熱風によってしばらく沈滞期に欠かしていた韓国プロ野球が今年のシーズンもう観衆 100万名を突破して人気を集めている.

このなかに 22日午後 11時 30分から放送される MBC TV ’これからは言える’と言う全斗換政権の ’3S 政策’を扱う予定だ. ’3S 政策’と言う(のは)セックス(Sex), スクリーン(Screen), スポーツ(Sports)の頭文字を取ったことで独裁政権が国民の政治的関心を違うままに回すために楽しんで使うという政策だ.


記事が本当かどうかは知らないが、韓国人は根が助平なくせに表面的には潔癖という性質があり、また、実のところ自国の文化に自信がないらしいので、こういう陰謀論が受け入れられやすそうではある。

…ところで、本当にこういう謀略が成立するなら日本も韓国に対してやってみてはどうか?


何しろnakama yukieのためなら韓国を捨てると言い切る韓国人もいることだし。


上半身は反日、下半身は親日という連中は山ほどいるから、かなり効果があるのではないか?


( ´H`)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (2)

( ´H`)y-~~白楽天

韓国の議員の徴兵逃れ疑惑が韓国マスコミで報道された。


(朝鮮日報5月18日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/18/20050518000000.html

「李光宰議員、自ら指切断 兵役免除措置受けた」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の側近中の側近、ヨルリン・ウリ党の李光宰(イ・クァンジェ)議員が1986年、右手の人差し指を自ら切断し、同年兵役免除を受けたと、月刊朝鮮6月号が報じた。

中略

 しかし、李議員が第17代総選挙の一月前の2004年3月10日に発刊した著書には、「1986年、ソウル大学のキム・セジンとイ・ジェホが焼身自殺を図った。(中略)太極旗を一つ買った。指を切って太極旗に血書を書いた。『絶対に主張を変えない』。私はその血で濡れた太極旗を梨花大学の先輩に渡した」と書かれていると、月刊朝鮮は報じた。


( ´H`)y-~~…ま、徴兵逃れと言い、あからさまなウソと言い、韓国らしいとしか思わないが、お兄さん、このニュース見て何故か白楽天の漢詩を思い出したので書いてみた。

新豐折臂翁

新豐老翁八十八
頭鬢眉須皆似雪
玄孫扶向店前行
左臂憑肩右臂折
問翁臂折來幾年
兼問致折何因縁

…(以下、長いので略)


意味は調べてね。

ま、比較するのも何だが、ふと思ったこととして中国や韓国では戦とは「大切な何かを守るために立ち上がる」ものというよりは、「権力者の都合で使われる災難」のようなものという感じなのかなという気がした。

( ´H`)y-~~

| | Comments (3) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~安龍福

安龍福である。
韓国通には竹島(takeshima)関連で知られている不法入国者である。

kimuraお兄さんも過去に

http://www.geocities.jp/nobuo_shoudoshima/takeshima-3.html

で書いたが、ここに再掲してみよう。


竹島問題の考察:歴史的経緯(安龍福関連)

以下、
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2800/takeshima/
より。



(隠岐)

安龍福とは何者かというと、要するに日本の領土に不法侵入した犯罪者です。

初めに日本に拿捕されたのは1693年のことです。
翌年に日本と朝鮮の間で鬱陵島(鬱陵島)の領有権が問題となりますが、このときに朝鮮側は「世宗実録」「東国輿地勝覧」の記述に于山、武陵二島、在縣正東海中、二島相去不遠、風日清明、則可望見」「風日清明、則峯頭樹木及山根沙渚、歴々可見とあるのを「朝鮮本土から鬱陵島(鬱陵島)(鬱陵島)が見える証拠」と言っていますが、現在の韓国は同じ記述を「鬱陵島(鬱陵島)から竹島が見える証拠」と言い張っています。

---------------------------------------

朝鮮国礼曹参判李番、奉復日本国対馬大守平公閣下、槎使鼎来、恵□随至、良用慰荷弊邦江原道蔚珍県有属島、名曰蔚陵、在本県東海中、而風濤危険、船路無便、故中年移其民空其地、而時遣公差往来捜検矣、本当峰巒樹木、自陸地歴々望見、而凡其山川紆曲、地形濶狭、民居遺址、土物所産、<<倶戴於我国輿地勝覧書>>、歴代相伝、事跡昭然、今者我国辺海漁氓往其島、而不意貴国之人自為犯越、与之相値、反拘執二氓、転到江戸、幸蒙貴国大名明察事情、優加資此、可見交隣之情於尋常、欽□高義、感激何事、然雖我氓漁採之地、本是蔚陵島、而以其産竹、或称竹島、此之一島而二名也、一島二名之状、非徒我国書籍之所記、貴州人亦皆知之、而今此来書中、乃以竹島為貴国地方欲令我国禁止漁船更往、而不論貴国人侵渉我境、拘執我氓之夫、豈不有欠於誠信之道乎、深望将此辞意転報東武、申飭貴国辺海之人、無令往来蔚陵島、更致事端惹起、其於相好之誼不勝幸甚、佳領謝、薄物侑緘、統惟照亮、不宣 甲戌年九月(『粛宗実録』20年8月13日/『通航一覧』巻137)

---------------------------------------

こういうのを日本では「矛盾」と言いますが、韓国人は気にしないようです(苦笑)

そして、外交の結果、幕府は1696年に鬱陵島(鬱陵島)への渡海禁止令を出しましたが、「松島」(現在の「竹島(takeshima)」)については言及していません。

ところが、この1696年に性懲りもなく安龍福は再び不法侵入してきて話をややこしくします。

「粛宗実録」にも記述があり、韓国側がよく「証拠」と称して上げるのですが、内容がおかしい部分があります。

渠倡言欝島本我境、 倭人何敢越境侵犯、汝等可共縛之、仍進船頭大喝、倭言吾等本住松島、偶因漁採出来、今当還往本所、松島即子山島、此亦我國地、汝敢住此耶

鬱陵島(鬱陵島)は我が境域である。どうして越境侵犯するのか、縛り上げてしまうぞ」と、船の舳先に立って大喝すると、倭人はこう答えた。「吾が輩は本、松島に住んでおり、たまたま漁採の為に来ただけだ。今、丁度戻ろうとするところだ」。そこで安龍福は、「松島は即ち于山島だ。これもまた我が国だ、どうして住めるのだ」と言った。」

・竹島は無人島です。人は住めません。

また、別の記録の「辺例集要」では安龍福は于山島鬱陵島(鬱陵島)より頗る大きな島だったと言っていますが、これは明らかに隠岐島のことです。


…要するに、日本の領土への不法侵入の罪を問われるのを恐れた安龍福が出鱈目を言って言い逃れようとしたのですね。


…さて、上記のことをふまえて、朝鮮日報に載った記事を紹介。




(朝鮮日報5月17日9

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/17/20050517000002.html

独島を守った朝鮮の民間外交官・安龍福がドラマ化

 日本の独島(トクト)領有権の主張で未だ国民の怒りが収まらない中、EBSが一本の企画ドラマを制作する。6月20~23日、午後7時30分から放送される4部作のドラマ『独島将軍安龍福』(仮題)。

 子ども向けのこのドラマは約300年前、韓半島に住んでいる人々の関心の外にあった鬱陵島(ウルルンド)と独島(トクト)を厳然たる我が領土として守り抜いた民間外交官、安龍福(アン・ヨンボク)の生涯を扱っている。史学科教授の父親に付いて鬱陵島へ旅に出たヒョンジョン、ヒョンビンの兄妹が大きな洞窟に入りタイムトリップするのがドラマの始まり。



なんでいちいちお笑いネタにするかな?

4月12日に紹介したネタよりは電波度低いかと思ってみたら、何がタイムスリップか!何が独島将軍安龍福か!


韓国の日本侵略正当化の妄動に対しては、笑ってばかりも居られないが、こういう韓流ドラマも日本のテレビで紹介して欲しいものである。

( ´H`)y-~~

| | Comments (41) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~在日って何?

朝鮮日報のニュース


(朝鮮日報5月16日)

http://news.joins.com/society/200505/16/200505160502017371300038003810.html

"韓国人も外国人でもない悲しみサッカーをしながら悠悠と飛ぼうと送ります"

国内滞留同胞2, 3歳女性たちでサッカーチーム作った洪天恵さん

19歳から29歳まで生気溌剌としている女性十九人が集まってサッカーチームを作った.構成員は梨花女大.西江大.漢陽大などで韓国語を勉強している在外同胞2, 3歳と外国人たちだ.名前は'ヘオルミFC(Haeorumi Football Club)'. 'ヘオルム+米(美)'を発音しやすくプルオスンのだ.

中略

独島問題で反日感情が高くなったこの間洪氏はタクシーに乗ってから日本人に誤認されて逢変にあう所だった.その事以後'日本でも,韓国でも認められることができない私は一体だれか'する深刻なアイデンティティ混乱に陷ったし,歯はサッカーチームを創立するきっかけになった.

中略

日本の一大学で経営学を専攻した洪氏は'韓国人として韓国語ができないと言うのが言葉にならない'は考えにアメリカ留学を延ばして祖国を尋ねた.日本で外国人登録証を持ち込まなければならないなど差別を経験した彼は韓国でも住民登録証発給にならなくてインターネットカフェー登録やホームショッピングができない不便を経験している.


ふーん。大韓民国国民なのに韓国で住民登録証を発給してもらえないのかぁ。

大韓民国国民なら大韓民国に何とかしてもらうべきだよね。


「日本でも,韓国でも認められることができない私は一体だれか'する深刻なアイデンティティ混乱に陷った」とのこと。

日本が良いなら日本国の国民になれば良いんじゃないかな。
日本国の国民になれば認められるとは思うよ。

しかし…何で「在日外国人参政権」など要求するんだろう?
アイデンティティの混乱が深まるだけだと思うが。

( ´H`)y-~~


| | Comments (4) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~5月15日

5月15日である。言わずと知れた5.15事件である。

山川出版社「新版日本史用語集」より、5.15事件についての記述を引用。




5.15事件
1932年5月15日、海軍青年将校中心のクーデター。陸軍士官学校生徒、民間右翼団体愛郷塾(塾頭 橘孝三朗)も参加し、首相官邸、警視庁、日本銀行を襲い、犬養首相を射殺。政党内閣に終止符を打つ。


犬養首相の暗殺によって終止符を打たれる前に、短い期間ではあったが日本では政党政治が行われていた。
いわゆる「大正デモクラシー」などもあった。
近代を語る上で大きな事件の一つではあるが、評価は難しい。


ところで、韓国では5月15日は「先生の日」なのだそうな。
日本以上に受験が厳しい韓国では先生への贈り物、というか賄賂も多いので、よく新聞種になったりするらしい。




(朝鮮日報5月14日)

http://www.chosun.com/national/news/200505/200505140031.html

仁川市教育庁, 教師身のまわりの品検事悶着

仁川市教育庁が師匠の日を控えて寸志授受可否を確認すると教師らの懐中物を検査して悶着になっている.

中略

この学校教師らは“学生たちにもお上手ではない懐中物検事を教師らにするのが話になるのか”と感謝室職員に抗議したりした.

仁川市教育庁ホームページには “教師らを疑って不信して学生と相談している教育現場で身のまわりの品検事をするということが話になるのか”は抗議性文が続いた.

この学校の一教師は “学生と相談中に急に身のまわりの品検事という言葉を聞いて, うろたえしてきまり悪くて相談した学生を上がる教室で返さなければならなかった”と “教師らの買うのを振作させて教育する先生たちに助けを与えるために存在しなければならない教育庁で教師らを疑って不信して, 学生と相談中の教育現場で身のまわりの品検事をするということになる言葉なのか”と言った.


まぁ、先生が持ち物検査されるようになるまでには、それなりの経緯があったんだろうなぁ。

さらに半島妄言ネタを一つ


(朝鮮日報5月15日)

http://www.chosun.com/politics/news/200505/200505150102.html

ノ大統領 "成功した大統領になる

ノムヒョン(盧武鉉) 大統領は 14日青瓦台職員家族招請行事に参加, 記念撮影を一緒にする席で “今日撮るこの写真が 10年, 20年が経っても置いて置いて記念になって, 胸がいっぱいな感じを持つように成功した大統領になる”と言った.


( ´H`)y-~~…


歴史に名を残す大統領にはなれるかも知れませんね。


もう一つ、気になったネタをメモしておこう。

yahoo掲示板より半月城くんの発言。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1835396&tid=cddeg&sid=1835396&mid=9419


安龍福の活動範囲

半月城です。

  RE:9351, three_monkeys_and_sleeping_catさん
>これらの記述を見ると、安龍福の行動範囲は海辺です。
・・・
>安龍福の置かれた状況から考えて、彼が竹島(独島)を視認可能な位置まで移動するのは極めて不自然だと思いますが、半月城さんはどう思われますか?

  想像力が欠如しているようです。日本の漁師にせよ、朝鮮の漁師にせよ、4-5日かけて出漁したのに、海辺だけで行動して、また4-5日かけて引き返すなんて私には考えられませんし、実際にもそれだけに終わっていません。私に本気で反論するつもりなら、眠り猫を決めこまないで、すこしは一次資料をあたってからにしてください。
  ま、親切心で安龍福の活動範囲を紹介すれば、安龍福は鬱陵島に到着したときの模様をこう語りました。
       --------------------
『粛宗実録』22年9月戊寅
  主山は三峯で、高いところは三角である。南から北まで2日くらい、東から西までもまたしかり。山には雑木や鷹や鳥、猫が多い・・・
       --------------------

  安龍福の朝鮮における自供は手柄話なので誇張や虚偽が多いのですが、それでも上の一節はだいたい当っています。これだけ見ても安龍福の行動は海辺だけにかぎられないことが明白です。

(半月城通信)http://www.han.org/a/half-moon/



( ´H`)y-~~…

文明国の日本では、「想像」や「妄想」や「願望」をもとに「明白」だなどという恥ずかしいことは普通は言わない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~徴兵

みなさんご存じの通り、韓国には徴兵制がある。

とはいっても、ボクがよく引用する韓流の源によると、兵役には第一国民役、現役、補充役、予備役、第二国民役の区分があり、このうち第二国民役は服務に支障はあるが戦時に於ける支援業務は可能とされた者で、補充役というのは現役で服務可能であるものの、現役に必要な人数を超えていた場合などで現役対象者とされなかった者のことであり、実際に軍務につくのが第一国民役に指名された者であって、全員が軍務につくというわけでは無いそうである。

ま、韓国の若者にとっては一大事ではある。

最近、韓国国籍法改正の関連で兵役逃れのため韓国籍放棄者続出というニュースがあった。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/10/20050510000057.html

一方でこういう感心な若者もいる。


(朝鮮日報5月13日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/13/20050513000055.html

軍隊入隊した二重国籍者の尹汝憲訓練兵ストーリー

 「軍隊に行かないために韓国の国籍を捨てたら、正々堂々と生きていくことができないと思いました」

 13日午前、京畿(キョンギ)道・楊州(ヤンジュ)市の26師団・新兵教育隊で警戒勤務訓練を受けていた尹汝憲(ユ・ヨホン/21)訓練兵は、「自分の選択に悔いはない」と話した。

 1984年、父(尹錫弘(ユン・ソクホン/壇国(タングク)大学教授))が米州立大学で博士課程に通っていた時に生まれ、4歳まで米国で育った尹さんは、韓国と米国の国籍を持つ二重国籍者だ。

中略

 尹さんは、軍隊に行かないがために国を捨てようとする若者たちに対し、「男らしく正々堂々と生きて行きたければ、この程度の試練には堂々と正面から立ち向かうべきではないか」と話した



犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛むとニュースになる。

( ´H`)y-~~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~高麗茶碗

( ´H`)y-~~NAVERなどで韓国人がよく言うネタに、

< `∀´>チョッパリはウリナラの乞食がつかう陶磁器を国宝にしているnida

< `∀´>秀吉は陶磁器の技術をウリナラから奪おうとしたnida

というネタがある。

実際、朝鮮半島の陶磁器は評価されている。
ところで朝鮮日報の記事より


(朝鮮日報5月13日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/13/20050513000042.html

陶工の視点から見た『朝鮮茶碗の話』

著書名:『朝鮮茶碗の話』
著者名:シン・ハンギュン

朝鮮の井戸茶碗が日本の国宝になったという話は有名だ。これを誇る韓国人も多い。 必ずしもそうであろうか?日帝時代の美学者、柳宗悦はこう語った。

 「これは朝鮮の飯茶碗だ。最も安い普通の品物だ。その汚い朝鮮の雑器から美を見出し、天下の名物に昇華させた日本人の審美眼は偉大だ」

 陶磁器を焼く陶工である筆者は、日本の国宝になっている井戸茶碗を直接見た後、これは決して適当に焼いた茶碗ではないことを確信する。日本人が美しい朝鮮茶碗を偶然に作られた「失敗の美学」に格下げしたというのだ。筆者によれば日本の国宝になった井戸茶碗は、晋州(チンジュ)近郊の民家で先祖に祭祀を執り行なう際に使った祭器という。


例によってウリナラチラシの劣等感炸裂(しかも、捏造有り)の記事ではある。

ちなみに、柳宗悦は本当はこう書いている。


「茶碗は高麗」と茶人達はいう。正直な懺悔である。日本ものの茶碗は、朝鮮ものに及ばないことをいうのである。なぜ及ばないか。美の見処を自分で作為しようとしたからである。自然を犯そうとしたその愚かさによるのである。彼らには鑑賞と製作との混雑があったのである。そうして鑑賞が製作を掣肘(せいちゅう)したのである。製作は鑑賞に毒されたのである。日本の茶器は意識の傷に痛んでいる。

柳宗悦「 「喜左衛門井戸」を見る」


なお、喜左衛門井戸はこれ。



柳宗悦とシン・ハンギュンのどちらの評価が正しいかは、見て判断できるような気がする。


( ´H`)y-~~

| | Comments (35) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~国際的仲間はずれ

「新しい歴史教科書をつくる会」が、海外マスコミに対して記者会見を行ったわけである。

さて。韓国マスコミの記事。


(中央日報5月12日)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63445&servcode=200§code=200

教科書立派なはずなのに採択率なぜ低調か

日本の「新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)」が日本駐在の外信記者たちに叩かれた。

中略

この日、記者会見はつくる会の「歴史歪曲」の試みが、当事者である韓国や中国はもちろん、国際社会から仲間はずれにされたことを立証する場となった。


ところが…

会見の模様は日本ではネットで見ることが出来る。

http://www.videonews.com/asx/fccj/051005_tsukurukai_300.asx 

また、西村氏によるレポートもある。

http://nishimura-voice.seesaa.net/article/3562678.html


(′o`)y- ~~…すぐにばれるウソを記事にするなよ。

…次の話題。


http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSS2D&office_id=021&article_id=0000106576§ion_id=100§ion_id2=268&menu_id=100

美が 北 一方攻撃の時は "アメリカの方" 31%-"北朝鮮の方" 47%

(::文化日報・KSOI世論調査::) 北朝鮮核問題による危機が高まっている中に,国内世論は米 お吸物による一方的軍事行動に対して強く反対する一貫された流れ を見せてくれている.

アメリカが韓国政府の同意なしに北朝鮮を爆撃する場合私たち政府が語 トッゲしなければならないのかという質問に対して‘アメリカの方に立たなければならない’と言う答が 31.2%に止めたことも注目されるが‘北朝鮮の方に立たなければならない’と言う答が 47.6%や出たことはおもしろい書き入れ時に分析される.家庭を前提に 一ちょっと極端的な質問に対して,軍事行動はどんな名分でも日 立つだめだという意見を強く表示したことに解釈される.



…そうですか。アメリカと北朝鮮となら北朝鮮の味方をしますか。


こういう連中の「仲間」にはなりたくないので、仲間はずれで結構。


( ´H`)y-~~

| | Comments (1) | TrackBack (3)

(` H ´)y-~~でも、獅童は許さん。

今日も、タイトルに深い意味は無い。
無いが、敢えて言うなら、許さん、というか死ねよ!

ま、日本国内ネタの与太はおいておいて、半島ネタの与太を一つ。

中央日報の記事より

【写真】「セクシーモード」の卒業写真

(中央日報5月11日)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=63424&servcode=400§code=400

…写真ニュースなので写真だけ紹介します。



…劣化矢田亜希子

*昔、矢田亜希子がピピンCのCMでこんなかっこうしてたなぁ。


もういっちょ。与太ネタを。


(連合ニュース5月10日)

http://www.yonhapnews.co.kr/news/20050510/040301000020050510220119K0.html

在韓日領事, 明成皇后時して見て天皇に常住

異態陣教授, 1月公開した見て追加分析

(ソウル=連合ニュース)金胎息記者= 1895年10月8日に発生した明成皇后弑害 当時京城(京城.ソウル)駐在日本一等領事愚癡だサダスだ(内田定槌)が事件2ケ月後に作成したこの事件真相報告書である'韓国王妃殺害一件(一件)'が当時日本明治天皇(明治天皇)にも常住(上奏)になったことで明かされたとソウル大国史学と異態陣(李泰鎭.62)教授が10日言った.



あーあ。李泰鎭のバカ、全然わかって無ぇーじゃん。

てか、この画像、なんか見覚えがあるんですけど?

てか、ボクが送ったような気がするのは気のせい?

( ´H`)y-~~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~また反日妄言かな?

盧武鉉くんの支持率がまた下がったとのこと。


(朝鮮日報5月10日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/10/20050510000035.html

盧大統領の支持率が下落 39.1%

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の支持率が落ちた。

 世論調査機関である「リサーチアンドリサーチ」が今月4日、全国の800人を相手にした調査で、盧大統領の支持率は39.1%であると調査された。


こうなると、また反日妄言を吐いて支持率アップを狙うのが常套手段なわけであるが…また日本から無視され、たいした反応が得られないとなれば、ダメージのほうが大きくなる、というのは昆虫並みのバカでもわかることである。

でも、韓国人、昆虫よりバカだから…

さて、朝鮮日報からもう一つ。


(朝鮮日報5月10日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/10/20050510000062.html

韓日、北関大捷碑の吉州返還に合意

 壬辰倭乱(文禄慶長の役)の当時、咸鏡(ハムギョン)道の義勇軍の戦勝記念碑として立てられた北関大捷碑(ほっかんたいしょうひ)は、日本の略奪に遭い、太平洋戦争の戦犯の位牌が安置されている靖国神社境内に放置されている。


靖国に位牌なんか無ぇよ!

と、いつものボケに対していつもの突っ込みで返してみた。

ところで、韓国人は北関大捷碑が略奪されたというデマを信じているらしいので、返還することで、また反日妄動に根拠を与え、間違ったサインを韓国に出すことになるのではないだろうか。

近年、日本政府もようやくアジアの反日謀略に対して情報戦の意義を感じ始めたようではあるが、このような韓国の反日謀略に踊らされているようでは困る。


*北関大捷碑に関して、詳細は、dreamtale日記の記事を参考にして欲しい。

http://dreamtale.ameblo.jp/day-20050401.html


( ´H`)y-~~

| | Comments (4) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~言葉の意味が違う国

日本と中国、韓国とでは同じような漢字を使っても意味が異なる場合が多々あるのだそうな。

ところで今日は朝日新聞から。


(朝日新聞5月9日)

http://www.asahi.com/international/update/0509/003.html

「日本は正しい歴史認識を」 中韓が首脳会談で一致

 ロシアの対独戦勝60周年記念式典に出席するためモスクワを訪れている中国の胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席と韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が8日夕、会談した。韓国側によると、両首脳は北東アジアの平和と繁栄のために歴史認識の問題が何よりも重要だという認識で一致した。今後、日本の歴史教科書や小泉首相の靖国神社参拝の問題を巡って、中韓が連携して日本に対応を見直すよう求めるとみられる。



文明国の日本では、野蛮人の貴様らと違って、政治目的で捏造した歴史観のことを「正しい歴史認識」とは言わないんだよ。


( ´H`)y-~~

| | Comments (7) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~藤井なら許そう

タイトルに特に意味はない。

しかし何だ、世間では連休だったらしいが、hikikomoriの廃人マスターkimuraお兄さんにはあまり関係がなかったなぁ。

特に良いネタではないけど、読売新聞から一つ。


(読売新聞5月6日)

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050506i116.htm

韓国大統領、厳しい口調で歴史問題の対応迫る

 【ソウル=杉田義文】6日にソウル市内の青瓦台で行われた、自民党の武部幹事長らと盧武鉉大統領との会談で、大統領が、日本側に厳しい口調で歴史問題の対応を迫ったことが明らかになった。

 武部氏が教科書や竹島問題は、「日本の(教科書検定制度や地方自治という)システムの問題だ」と説明すると、大統領は、「システムの問題とするのは適切ではない。歴史教育は学問の自由の領域ではなく、政府の責任の領域だ」との見解を表明した。



…まぁ、整形大酋長なら言いそうなことだと思って特に違和感を感じなかったが、歴史を学問ではなく政治として扱う厚かましさを記録し保存しておきたくなったので、敢えて書いてみた。

( ´H`)y-~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~流れる星は生きている

今日は、本の紹介を。

まず、朝鮮日報の記事から。


(朝鮮日報5月6日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/06/20050506000033.html

12歳の日本人少女の目から見た戦争、韓国独立

 日帝当時、日本政府の高官だった父と一緒に咸鏡(ハムギョン)北道・羅南(ナナム)に住んでいた12歳の日本人少女が、韓国独立を前後し、家族と一緒に日本に帰る過程を描いた物語。

中略

 「朝鮮の人々が日本人を苦しめ始めてからは、夜もぐっすり眠れなかった」

 解放後、わずか数日のことで35年間の醜悪さを忘れるなんて、中国でこの小説が出版されなかった事情が見当がつく。


ま、例によって日帝36年といえば、戦後に日本人に加えた暴虐の数々が免罪されると思っている甘ったれた考え方にはむかつくわけだが、なかなか面白そうな本なので調べてみた。

アマゾンで
So Far from the Bamboo Grove
という本がYoko Kawashima Watkins氏の著作ということであり、レビューを読むと、


Though Japanese, eleven-year-old Yoko has lived with her family in northern Korea near the border with China all her life. But when the Second World War comes to an end, Japanese on the Korean peninsula are suddenly in terrible danger; the Korean people want control of their homeland and they want to punish the Japanese, who have occupied their nation for many years. Yoko, her mother and sister are forced to flee from their beautiful house with its peaceful bamboo grove. Their journey is

とのことなので、おそらくこの本であろう。
ただ、残念ながら邦訳はされていないらしい。

また、2ちゃんねるでたずねてみたところ、著者の川嶋擁子ワトキンズ氏について、以下のurlを教えて頂いた。


http://www.mmbc.jp/mmbc/world/kazama/n_001220-1.html

先週、ご紹介したフォーブス・スクールに川嶋擁子ワトキンズさんがいらっしゃると 聞いて、ヨウコさんの授業を拝見させて頂きに参りました。ヨウコさんは、ご自分の戦争体験記、"So far from the bamboo grove"を1986年に出版され、アメリカで大反響を呼びました。この本は、全国両親推薦賞、全国英語教授協会推薦文学賞ほか、沢山の賞をお取りになりました。ヨウコさんの著書は、翌年1987年から、アメリカの学校で社会科の教科書として採用され、多くの学生に愛読されています。続編の"My brother, my sister, and I"もNew York Times最高賞、Publisher's Weekly最高賞など、多くの賞を受けられました。

ヨウコさんは、青森県でお生まれになりましたが、お父様が日本政府にお勤めだった 関係で、小さい時から外国暮らしでした。イギリス、満州、北朝鮮で幼少時代を過ごし、敗戦直前にお母様とお姉様と三人で、朝鮮半島より命からがら日本へ帰って来られました。戦後の混乱期に、飢えと過労からお母様はヨウコさんの腕の中で息を引き取られましたが、後に離れ離れになったお兄様と巡り合い、シベリアに抑留されていたお父様が帰国されるまで、兄弟姉妹三人で力強く生き抜いていらっしゃったのです。


以前にも書いたが、私の父も、終戦時は幸いに北京にいたので比較的恵まれてはいたが、いわゆる引き揚げ者であった。
父は私には引き揚げの苦労話はしないのだが、親戚に聞くと相当な苦労があったらしい。

是非とも読んでみたい本である。

( ´H`)y-~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~ボールは向こう側

ぱっちりお目々に整形したはいいが、ちっとも世界が見えていない盧武鉉君である。


(朝鮮日報5月6日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/06/20050506000069.html

「過去の謝罪と反省、行動で実践を」 盧大統領が日本与党幹事長を接見

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は6日、大統領府で日本の連立与党の幹事長である武部勤自民党幹事長と公明党の冬柴鉄三幹事長らの表敬訪問を受けた。

中略

 盧大統領は両幹事長に「韓国国民は新しい謝罪と反省を求めているのではなく、過去に行なった謝罪と反省に見合った、行動の実践を望んでいる」と述べた。

 盧大統領は独島(トクト)、歴史教科書、靖国神社参拝問題などを「韓日関係の暗礁」と呼び、「この暗礁を取り除かなければ、両国関係は再び暗礁に乗り上げるだろう」と述べた。


勘違いも甚だしいというか、暗礁を取り除かなければならないのは、君のほうだから。

歴史教科書妄言や竹島妄言を繰り返し、日韓関係を暗礁に乗り上げさせたのも君だし。

だいたい、日本は韓国が無くてもそんなに困らないし。

しかし、謝罪と反省に見合った、行動の実践を望んでいるって…

「誠意見せんかいっ!」と脅すヤクザにしか見えんなぁ。(笑)

( ´H`)y-~~


| | Comments (2) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~今日は休み

とても煮詰まっているので、今日は休韓日にします。

( ´H`)y-~~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~無題

さて、実は超スランプなので今日はお休みにしようと思ったが、簡単に。




(朝鮮日報5月4日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/04/20050504000029.html

「韓国の周辺海域が平和でこそ北東アジア全体が平和に」

 イ・ヘチャン首相は4日、「韓国の周辺海域が平和でこそ北東アジア全体が平和になる」と述べた。

 イ首相は同日午前、蔚山(ウルサン)で開かれた韓国製駆逐艦(KDX-Ⅱ)「王建艦」進水式での挨拶で「韓国の海の平和を守ることがまさに北東アジア全体の平和と繁栄を守ること」としながら、「100年前には韓国海軍が海を守り抜くことができなかったため、その後の北東アジア全体が戦争の惨禍に包まれた」と強調した。


あー。韓国海軍?100年前にそんなものあったか?

まぁ、確かに半島の地理的条件から重要な場所であったことは確かなのだろうが、海はおろか、自国の国土さえ満足に守る能力が無く、外勢を引き入れ、謀略と裏切りの果てに世界中の信用を失い、みじめに滅びた歴史を正しく学び直せ。

( ´H`)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~現在過去未来~

さて、韓国の死者に鞭打つ法案のネタである。


(朝鮮日報5月3日)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/03/20050503000059.html

過去史法が国会通過 「政治的利用」への懸念も

 少なくとも向こう4~5年間、過去史をめぐる論争が続く見通しだ。国会は3日開かれた本会議で過去史法(真実究明と和解のための基本法)を可決させた。この法は与党が主導してきた過去史究明政策の総合版とも言えるもので、今年11月施行される。

中略

 国家情報院、警察、軍などの独自調査との重複調査も問題だ。過去史委員会と親日究明委員会は1年に2回ずつ調査結果を発表するが、来年の地方選挙、07年の大統領選挙、08年には総選挙の際に政治的に利用されかねないという論争も予想される。


この法案が何かというと、要は、過去の軍事政権全否定であるわけだ。
ま、朝鮮日報はわりと保守的なメディアではあるが、一応韓国でも賛否両論はあるらしい。

先人の努力に背を向けて親北路線を走る良心的市民勢力の動きをこれからもあたたかく見守っていきたいところではある。

( ´H`)y-~~


| | Comments (0) | TrackBack (1)

( ´H`)y-~~韓国に学ぶべき事

先日の朝生をビデオにとっておいたのを見たら、最後のほうで秦郁彦氏が「脱亜論」について言っていた。

なんか、他のバカなパネリストは笑ってすませようとしていたけど、これ、大まじめに考えても良いんじゃないかと思う。

ところで今日の半島妄言




(中央日報5月1日)

http://japanese.joins.com/html/2005/0501/20050501195912100.html

【噴水台】反面教師

…この言葉を初めて使った人は中国の毛沢東である。 1957年、中国共産党の幹部を集めて行った演説でだ。 この席で彼は反動分子を指して、「一部の重罪人を除いては、逮捕したり粛清したりせず、そのままにして孤立させたまま、反面教師として利用すればよい」と述べた。 敵や罪人もそれなりに利用できるという逆発想ということだ。

中略

実際に反面教師を挙げろといえば、これだけではない。 政治家と公務員の不正腐敗は、常に反面教師の教訓を与える。 さらに最近は、国内でも足りず、隣国も手伝う。 独島(ドクト、日本名・竹島)を自国の領土だと主張するかと思えば、侵略戦争までも美化しようという日本が、歴史の反面教師を自任していないだろうか。


翻訳掲示板で韓国人と交流して一番勉強になったことは、日本の真実の歴史と実力を再確認するきっかけとなったことであるし、その次に勉強になったことは、実力もなく、努力もせず、近代的な国家を作り得なかった民がいかにみじめな歴史を繰り返さなければならないのかということ、逆説的に、日本にとって真実の意味での「愛国心」は不可欠であると再確認できたことである。


日本が韓国に学ぶべき事はたくさんある。

( ´H`)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~靖国神社

ときたま、韓国などが思い出したように、靖国神社参拝に関していいがかりをつけてくるのはみなさんもご存じかと思う。

靖国神社に関しては、「日本人として」考えなければならない問題があるのは事実である。
日本国民に対しての戦争責任と言う問題や、元々、日本のために戦って亡くなった英霊を奉る場所であるのだから、いわゆるA級戦犯は欠格ではないか、という問題など、日本人として考えるべき問題はある。

実は過去に数回提出され廃案となった「靖国神社法案」においても、靖国神社を非宗教化して国営化するとされていた。個人的にはこの法案を再検討し、国家が護持する非宗教の祭祀施設と位置づけ、国事行為として祭祀を執り行うようにできれば良いとは思う。

公式参拝が問題化したのも靖国神社法案の廃案の後であったと思う。当時の反日勢力の工作の結果だと思うが、現在では国民にも理解が深まっており、当時とはまた状況が違う

…というようなことを思いついて、以前に掲示板などに書こうとしたら、どこで読んだか忘れたが宮崎哲弥も同じようなことを言ってた。

何かイヤ。

ところで、戦没者を奉っていることに関して、韓国などが


< `∀´> y━━┛~~ウリの先祖を殺した奴を奉るのは許せないnida


と、妄言を繰り返すわけだが、そんな妄言を受け入れる理由など微塵もない。


ならば、日本の偉大な政治家伊藤博文を暗殺したテロリストの安重根や爆弾魔の尹奉吉や殺人鬼の金九を「義士」だなどといって崇めるのを止めろ!


と言う話になるわけだが、このへんはどう思っているのだろうか?

( ´H`)y-~~

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« April 2005 | Main | June 2005 »