« ( ´H`)y-~~芸能ネタ【韓国時事:小ネタ】 | Main | ( ´H`)y-~~日韓併合不法論【備忘:文化】 »

( ´H`)y-~~竹島問題:その「平和的解決」のためには【オーマイニュース日本閉鎖記念】


( ´H`)y-~~さて、国内ネタではあるが…


【オーマイニュース:日本版が閉鎖 市民参加模索するも…】(毎日新聞4月24日)


( ´H`)y-~~kimuraお兄さんも市民記者として参加していたオーマイニュース日本が本格的に無くなったとのこと。まあ、既存メディアの悪いところを残したままネットに押しつけようとしてきたわけで、こうなるのは初期からわかっていたことではある。


…で、その記念にと言っては何だが、ゴミ箱送りになった竹島問題関連の記事を再掲してみる。




竹島問題:その「平和的解決」のためには


学習指導要領解説書に日韓の間で大きな問題となっている竹島が明記されたことによって、BSEデモ、北朝鮮観光客射殺事件と大きく動揺している韓国に、また新たな騒動が起こっている。

韓国の主要メディアは連日この問題を大きく取り上げ、韓国のネットでもホットな話題となっている。DAUMなどのポータルサイト掲示板では反日の嵐が吹き荒れ、「対馬も韓国の物だ!」というような過激で荒唐無稽な主張まで飛び出している。

日本のメディアもやはりこの問題を大きく取り上げており、朝日などの主要紙も「平和的解決」を訴えている。

では、その「平和的解決」へ向けて具体的にはどう進めていくべきか

・歴史的経緯
・韓国人の情緒
・今後の展望

と分けて考えてみたい。

・歴史的経緯

この問題の歴史は長いが、決定的な事柄を重点的に述べるならば先ず1905年の島根県告示第40号が上げられる。この告示で我が国は竹島を正確に認識し緯度経度を示し、領有意思を示し、以降、実効支配を行っている。1905年以前に韓国側が竹島を正確に認識し領有意思を示し実効支配を行っていた証拠は存在しない。
1905年以前の事柄につき韓国側が根拠とする資料は基本的に鬱陵島のことを指すと考えるのが妥当である。また、明治期に西洋の測量などで重なって記録されたアルゴノート島をめぐって混乱が見られたが、この期間に韓国側が現在竹島として知られる島について正確に認識し領有意思を示し実効支配していた証拠はない。
よって、カイロ宣言にある「暴力及び貪欲により略取したる他の一切の地域」にも該当せず、我が国の領土であるというのが日本国の立場である。

次に問題となるのは1952年、李承晩大統領時代の海洋主権宣言いわゆる李承晩ラインである。韓国側が一方的に日本海にラインを引き、多数の日本漁民が拉致されあるいは殺害されるなどの被害にあった。このとき韓国側は李承晩ラインの中に竹島を取り込んだ。
1954年には韓国側は韓国沿岸警備隊を竹島に駐留させたが、これに対して日本は即座に抗議し、以降、継続的に抗議を重ねているが、韓国側は国際法上の領有の根拠もないままに、実効支配の要件である「平穏で継続的な支配」を満たしていない不法占拠を継続している。

・韓国人の情緒

日韓問題を語るとき、韓国人の情緒の問題は欠かせない。
韓国でも自嘲的に「韓国では憲法の上に情緒法がある」と言われるように、場合によっては法意識よりも優先することもある。

ところで中央日報など韓国主要紙の報道によると、この問題で韓国のラジオ番組「開かれた世界、今日イ・ソクウです」に出演した産経新聞ソウル支局長黒田勝弘氏は「50年以上も自国が支配しているのに、なぜそんなに興奮するのか」と発言されたとのことである。実際、「占拠」しているのは韓国の側であり、日本はそれに対して抗議し、日本の立場を教育しようとしているだけだが、この問題で興奮するのは韓国側である場合が多い。

では何故に韓国人が興奮するのかといえば、それは日本が「韓国の正当性」を受け入れようとしないからである。

韓国人の価値観では儒教の影響からか「道徳性」がかなり重い部分を占める。そして、現実にはアメリカや日本、中国と言った大国に、国力・経済・技術などの面で圧倒されていても「道徳的な我々」という概念が彼らの自尊心を支え、「精神的勝利」をもたらしている。特に日本に対しては併合などの歴史あるいは経済や文化での格差もあり、たいへん大きなコンプレックスをかかえているため、「邪悪な征服者で不道徳な日本」と「道徳的な被害者の我々」という対比がより大きな意味を持つ。

しかし、竹島問題において上記の「正しい竹島問題の歴史」を認めるならば「日本領土である竹島を強奪した不道徳な韓国」ということになり、それは韓国人には絶対に受け入れることが出来ない問題となる。

・今後の展望

では、この問題の解決へと向けて進むにはどうすればよいのだろうか。
日本側が譲歩すれば韓国人の感情はおさまり、この問題の解決に向けて進むのかというと、そのようなことはあり得ない。何故なら韓国人の価値観が求めていることは、日本に対して道徳的優位に立ち精神的勝利をおさめることであり、日本が完全に韓国の要求を受け入れたとしても、韓国人のコンプレックスの原因となる日韓の格差は解消されないままであるし、事実関係が上記の通りである以上、日本の「譲歩」にも限界がある。
それでも譲歩すべきと言う意見もあるが、これらは自分を「弱くてかわいそうな韓国の味方」と見立てて他を圧倒しようと言う欲求におぼれた偽善者の戯言に過ぎない。

ここで仮に韓国以外の第三国と日本との間で領土問題が起こり、その問題を国際秩序の中で解決する、例えば国際司法裁判所の裁定にゆだねた場合を想像してみる。この場合、たとえ日本に不利な決定がなされたとしても日本は受け入れるのではないだろうか。
少なくとも私は納得するし、相当数の日本国民に不満が残るとしても、政府は決定に従うのではないかと思う。

日韓関係においても、日韓基本条約締結の際の交換公文でも調停にゆだねるという内容が記されており、国際司法裁判所の裁定にゆだねるという方法が最も合理的ではないかと思う。

しかしながら、現在の韓国では「道徳的優位に立ち、精神的勝利をおさめる」という情緒的価値すなわち情緒法が憲法の上にあるなどと揶揄されるように、遵法意識を期待できるかという点において疑問が残る。

やはり、韓国国民の意識が先進化するのを待つしか「平和的解決」の道は無いのかも知れない。



( ´H`)y-~~何で採用されなかったんだろうなぁ?


←(`・ω・´)y-~~まあ、押しまい。


( ´H`)y-~~他にも何本か書いたけどさ、採否基準が分からないし、それに、ぶっちゃけ自分のブログに書いた方がまだ読まれるという程度のアクセスだったしな。

|

« ( ´H`)y-~~芸能ネタ【韓国時事:小ネタ】 | Main | ( ´H`)y-~~日韓併合不法論【備忘:文化】 »

Comments

( ・∀・)っ推薦

Posted by: 埴輪 | April 25, 2009 at 10:45 AM

再読いたしました。
このまま年月とともに増えていく埋もれさせるには惜しいですね。竹島問題で、韓国人がこだわる「道徳性の優位」とそれが彼らにもたらす勝利感の効用が判りやすいです。
韓国ウォチャーならそれが日本に対する「ハンブリ」なっているという点がすく判ると思います。
年に一回、竹島の日に掲載されてみてはいかがでしょう。

Posted by: sdi | April 25, 2009 at 01:20 PM

 貴ブログ愛読者の一人です。
 今回のエントリーは要領よく竹島問題をまとめておられると思いました。私にはよくわかりました。
 この文章を保存させていただきます。ありがとうございます。

Posted by: カラヤ2 | April 25, 2009 at 01:35 PM

( *H*)y-~~なんか、この手の文章も昔はたくさん書いたんだけどね。最近はもう需要も無いのかなと思ってあまり書いてないけど。

Posted by: kimuraお兄さん | April 25, 2009 at 06:53 PM

統一日報でブログ記者募集してますよ。

Posted by: ぴ | April 26, 2009 at 03:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77683/44783489

Listed below are links to weblogs that reference ( ´H`)y-~~竹島問題:その「平和的解決」のためには【オーマイニュース日本閉鎖記念】:

« ( ´H`)y-~~芸能ネタ【韓国時事:小ネタ】 | Main | ( ´H`)y-~~日韓併合不法論【備忘:文化】 »