« December 2010 | Main | September 2012 »

( ´H`)y-~~ボクのパパの話(6)

( ´H`)y-~~さて、そんなこんなで大阪での新生活が始まる。ママは体も小さかったし弱かったのでなかなか子供が出来なかったが数年後、子供が出来る。ボクである。

当時としては年齢高めの出産ということもあり、ぶっちゃけた話、ボクは溺愛されて育った…これが後々の人格形成に影響を与えたんじゃないかなとも思うけど…ボクが物心ついたときにパパの本棚に並んでいたのは創元推理文庫(当時)のレンズマンシリーズや早川のキャプテンフューチャーシリーズ…ああ、そうさ。ボクのパパはオタクの走りのようなパパだったさ。まあ、こうなるべくしてこうなったんじゃないかなと思わなくもない。

ただ、たいへんに博識で賢いパパではあった。ボクが3歳当時、「なんで歴史やかい勉強せなあかんの?」というようなことを聞いたときパパは「『いま』がどうなっとるかをよく知るんには『むかし』どうやったかも知らんといかんからや」と答えてくれた。今に至るまで歴史を学ぶ意味についてこれ以上の答えをボクは思いつかない。

さて、ボクの記憶は生後6ヶ月の検診の時の記憶が一番古い。ついで古いのが万国博覧会のときに駐車場が無くて入れなかったときの記憶であったりする。当時、ボクは幼児で普通なら物心が付く前なのだが、何故か覚えている。その後、ボク幼少時の大阪は万博の余韻もあって幼心に夢の未来都市のように思えた。エキスポランドも当時はまだ真新しかったし銀色の地下鉄や阿波座の立体交差とか四つ橋の電気科学館…プラネタリウムの思いでは今もまだ鮮やかに残っている。

他にも幼少時のボクの記憶にある大阪についてはいずれまた書く機会もあるかと思うけど、ボクたち一家の大阪生活はその後、ボクが小学校に進み弟が生まれた頃に終わりを告げる。

まあ、ママの実家(つまりボクが今住んでるところ)を放っておくのも何だし、家族も増えたし、馴染みのある小豆島に戻ろうということだったのだろう。

年金の記録を見ると、パパは昭和50年に大阪の会社を退職し、しばらくして小豆島で勤めだしている。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~ボクのパパの話(5)

( ´H`)y-~~さて、ここからはボクの記憶とも多少かぶってくるけど、大阪で勤めていた会社では会社の社宅に住んで気ままな独身生活をすごしていたらしい。年金の記録を見ると昭和37年にボクも覚えてる大阪の会社に勤めだしている。

ところが大阪に住みだして数年後に思わぬ人生の転機が訪れる。当時、30代の後半で独身だったりすると周りから変な目で見られたらしいし、実際変だったと思うけど、変わり者のパパはあまり結婚する気はなかったそうな。まあ、このままずっと独身だろうなと自分も周りも見ていたわけだが、でも、たまたま田舎の小豆島に帰って知り合いの占い師のところに遊びに行ったら、縁談について占って貰っていた10歳年下の女性がいた。で、その占い師も占い師で、「どや?」みたいな感じで紹介。ところが何故かお互いに気に入ってそのまま結婚。

戸籍の記録を見ると昭和40年に入籍している。ボクのママである。

ちなみにママは周りじゅうから…果てはパパの実の兄弟から「あいつだけはやめとけ」「3日ともたん」「他になんぼでもいい人おるやろ」と諭されたそうな。ママの家は貧乏だった上にその当時、ボクのじいちゃんに当たる人を亡くして母一人娘一人の所帯だったけど、縁談だけはかなりあったらしい…何故なら当時の小豆島ではけっこう美人の部類に入っていたから。

そんなこんなでママは長年勤めていた歯科医院を退職してパパと一緒に生活しだして、その後、ボクが生まれている。

| | Comments (35) | TrackBack (0)

( ´H`)y-~~ボクのパパの話(4)

( ´H`)y-~~そんなこんなで終戦時、父は比較的無事に日本に引き揚げることが出来た。

引き揚げの苦労は様々な本にある…パパも色々見てきたらしいけど、イヤな話はあまりしないパパだったので、そういうのはあまり聞いてない。でも、引き上げの時、帰りの汽車でタバコ吸おうとカートン単位のタバコを開けたら車内の全員に飢えた獣の目で見られたとか、途中立ち寄った広島の惨状とか、そういう話は聞いた。

満州時代の知人とは奄美のおじさんを除いて長く連絡が取れず、生死不明…というかたぶん死んでると思いこんでいたらしい。数十年後に連絡が取れ同期会にママと一緒に行ったのはきっと最高の思い出になったと思う。…どうも、露助ども、技術要員はそのまま駅で使ったらしく、ほぼ全員無事…ただし、帰国はかなり遅れたそうな。

さて、小豆島に帰ると「外地の人間はみんな殺された」とかいうデマが流れていたそうで、幽霊扱いされて塩まかれたとかいう話もあった。

小豆島に帰ってからはパパは実家で炭焼きとかの山仕事をやっていたので帳面をつけたりしてたんだけど、だんだん木炭で儲からなくなるし、いろいろやりたいこともあるし…

まあ簡単に言うと21世紀の現代では死語になってしまったが当時うじゃうじゃいた「アプレゲール」の一人で、しかも性格的にいろいろアレな人だったので家業には飽きたらしい。それで、車の修理とかいろいろやってたんだけど、当時、ど田舎の小豆島でバイクとか乗ったりしてるとそれだけで不良扱い…でも旧軍の機雷の火薬くすねて照明に使ってウニの密漁とかしてたそうで、ガチ不良…というか…その、何だ…戦前世代の武勇伝というか「もう時効やけどな」は、ガチで時効だから言える話が結構あるので気をつけろ!

そんなこんなで昭和30年代には小豆島を出て大阪で働くようになる。当時のニュース映像とか見てくれたら分かると思うけど、高度経済成長にさしかかろうかという時代だったし、単純に都会は魅力があったと思う。ボク幼少時の記憶でも数十年前の大阪は夢の未来都市だったように思うし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | September 2012 »